2月21日ルリドラゴンの公式Xアカウントにて、本作が週刊少年ジャンプ14号より5話分が掲載され、4月22日から「少年ジャンプ+」にて隔号掲載の形式で連載が再開されることが発表された。

ルリドラゴン』は2022年よりマンガ雑誌「週刊少年ジャンプ」で連載中の作品だ。2022年の10月に発売されたコミックス1巻の発行部数が累計20万本を超える人気作となったが、作者のである眞藤 雅興氏の体調不良を理由に休載が続き、2022年8月より長期休載中となり、この度、連載が再開する運びだ。

本作の主人公である少女「ルリ」は、朝目覚めた時に自身の頭部に謎の角がはえていることに気づき、母親に報告するとあんた人と龍とのハーフなのよ。父親が龍だから」衝撃の事実を告げられてしまうところから物語が展開される。

角がはえたことで、ルリは一躍クラスの人気者。しかし、くしゃみをしたはずみで前の座席に座っている生徒に向かって“炎”を吐いてしまい、ルリは大量の鼻血を出して喉を傷めてしまう。幸い、炎を吐かれた生徒も火傷はなく、髪型がショートカットになる程度の被害で済んで、ユリはすぐに許してもらえた。

ルリドラゴン』は漫画掲載サイト「少年ジャンプ+」にて第3話まで無料で公開中。単行本1巻が発売されており、今後は週刊少年ジャンプ14号より5話分が掲載され、4月22日から「少年ジャンプ+」にて隔号掲載の形式で連載が再開される予定だ。

本著が気になった方は、ぜひ公式サイトや「少年ジャンプ+」で試し読みしてほしい。

公式サイトはこちら『ルリドラゴン』第1話はこちら(少年ジャンプ+)