「実は俺も好き…」男性が“好みのタイプ以外の女性”を好きになるきっかけって?

一目惚れした人がいても「私は彼のタイプじゃないから」と自暴自棄になってしまうとき、ありますよね。 今回は、男性が「タイプではないけど、好きになった」と感じたきっかけを集めてみました。

頻度のある接触が感情を生む

「僕らはよく一緒にいる仲間で。最初は特別な感情はなかったけれど、だんだん彼女の魅力を感じるようになりました。頻繁に会うおかげで、どんどん愛情を感じることができたんです」(27歳/男性) 相手のことをよく知るほどに、その人を好きになっていく、これは心理学でも「頻度の法則」として知られています。 何かと会う機会が多ければ、自然に愛着が湧くこともあります。 あいさつや会話の回数を増やすことで、自然と彼からも慣れ親しむ感情を持ってもらえる可能性も高まるでしょう。

会話が楽しいと意識が変わる

「タイプの子と付き合ったことがあるんですが、会話がなかなか盛り上がらなくて…。そこからは、見た目だけでなく、会話の相性も大事だと思うようになりました」(29歳/男性) 最初の印象としては、見た目の好みが大きく影響します。 ですが、長い時間を一緒にすごす場合、会話が楽しくないと心が離れてしまうことも。 共通の話題や盛り上がるエピソードなどがあれば、男性もあなたに対し好意を持ちやすいはず。 まず、相手を喜ばせることより、会話自体を楽しむことを心がけると、自然体で楽しくすごせるかもしれませんね。

笑顔で話しかけると安心感を与える

「彼女はいつも素敵な笑顔で話しかけてくれたんです。好意を感じるまでは時間がかかりましたが、徐々に彼女の魅力に気づくようになりました。彼女から話しかけてくれたおかげで、結果的に付き合えたんです」(34歳/男性) 何もしないで待っていては、恋愛のチャンスは巡ってきません。 自発的に行動を起こすことが大切です。 特に気になる男性がいるのなら、笑顔で話しかけてみましょう。

自分を磨こう

恋愛感情が芽生えるきっかけとして、男性が女性に求める「タイプ」という条件があることは事実です。 ですが、その条件は固定的なものではなく、柔軟なもの。 あなたが彼のタイプでなくても、魅力を伝えることができれば、きっと彼の心に響くはずです。 (愛カツ編集部)