画像はイメージ

何の前触れもなく、突如として会社を辞めていく人もいるようだ。兵庫県の40代後半の女性(サービス・販売・外食/契約社員/年収100万円)は、3年ほど前の衝撃的な出来事を振り返った。

「短期単発の人材派遣会社に営業3年目の20代の正社員男性がいました。要領も良く、上司や同僚達ともうまくやっていて仕事も出来る方でした」

何も問題はないように見えていたが……。(文:谷城ヤエ)

「今どきなのかも知れませんが、本当に衝撃的な辞め方でした」

この正社員の20代男性は「ある金曜日に親族の法事と言って有休を取っていた」が、翌週の月曜日も出社しなかった。

「体調不良かと皆で心配していたら、退職代行サービスと名乗る男性から電話があり、以降の手続きや本人への連絡は全てこちらを経由して下さいと伝えられました。そのようなサービスがあることは知っていましたが、まさか目の当たりにするとは思いませんでした」

職場の人々も、男性がこんな形で退職するとは想像すらしていなかったのではないか。

女性は、「確かに体育会系の会社ではありましたが、決して退職を言い出しづらい職場環境ではなかった」とし、

「今どきなのかも知れませんが、本当に衝撃的な辞め方でした」

と当時の驚きを書いていた。結局、男性の退職理由は謎に包まれたままのようだ。

キャリコネニュースでは「職場のバックレエピソード」をテーマにしたアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/SW92100M

「親族の法事」で休んでいた20代社員がそのままバックレ 後日、退職代行から電話があり…