長尾製作所のブランド「NBROS」は、CPUのディスプレイ台『NB-CPU-DP07』をAmazonで販売開始している。またヨドバシ.comでは2月29日より販売を開始する。

価格はAmazonが記事執筆時点で税込1683円。ヨドバシ.comが税込1850円。

CPUを“眺めるだけ”の「CPU ディスプレイ台」が発売開始。CPUの造形美を愛でる「CPU」のための専用ディスプレイ_001
(画像は長尾製作所 CPU ディスプレイ台より)

『NB-CPU-DP07』は、CPUを眺めるだけの専用ディスプレイ台。展示会や店頭向けの什器用ディスプレイとしても使うことができる。CPUを余すことなく凝視して、その美しいフォルムに耽溺できる。

製品仕様は以下のとおり。

製品材質:鉄 / 処理:黒色塗装 / 付属品:吸着パッド・ゴム足・取扱説明書
製品寸法:横幅 約65mm×奥行 約65mm×高さ 約50mm / 重量:約80g
パッケージ寸法:約110mm×140mm×25mm / 総重量:約90g
産地:日本製 / Made in JAPAN.
※CPUは付属していない。

CPUを“眺めるだけ”の「CPU ディスプレイ台」が発売開始。CPUの造形美を愛でる「CPU」のための専用ディスプレイ_002
(画像は長尾製作所 CPU ディスプレイ台より)
CPUを“眺めるだけ”の「CPU ディスプレイ台」が発売開始。CPUの造形美を愛でる「CPU」のための専用ディスプレイ_003
(画像は長尾製作所 CPU ディスプレイ台より)
CPUを“眺めるだけ”の「CPU ディスプレイ台」が発売開始。CPUの造形美を愛でる「CPU」のための専用ディスプレイ_004
(画像は長尾製作所 CPU ディスプレイ台より)

CPU設置面には厚みのある吸着パッドを貼ることで安定した設置が可能となっており、 底面には滑り止めゴム足を付属。1.6mm厚の鉄を使用し、抜群の剛性を実現している。

本製品は長尾製作所によるディスプレイシリーズ第7弾となり、以前にはCPUクーラー ディスプレイ台が話題になったときに、公式が「ふーん、みんなエッチじゃん」と再告知した。

記事執筆時点では、販売を開始していたAmazonでは売り切れているが、ヨドバシ.comでは2月29日より販売を開始し、予約受付中だ。気になった人は購入を検討してみてはいかがだろうか。

CPUのディスプレイ台『NB-CPU-DP07』公式サイトの詳細はこちらヨドバシ.com「CPU ディスプレイ台『NB-CPU-DP07』」はこちら