イングランド代表FWメイソン・グリーンウッド(22)のマンチェスター・ユナイテッド復帰の可能性は依然として閉ざされていないようだ。イギリス『The Atletic』が報じている。

ユナテッド生え抜きの逸材アタッカーとして将来を嘱望される存在だったグリーンウッド。しかし、2022年1月に強姦未遂などの容疑で逮捕。活動が停止させられた。

自身のスポンサーであったナイキとの契約が解消されたほか、クラブからも謹慎処分を受け活動停止。しかし、2023年2月に英国王立検察局(CPS)が「もはや有罪判決の現実的な見込みは無い」と結論付け。訴訟が取り下げられた。

しかし、女子チームやサポーターズトラストなど関係各所からの反発などもあり、当時の最高経営責任者(CEO)であるリチャード・アーノルド氏やグリーンウッド、その家族らとの最終協議の結果、最終的にユナイテッドでのキャリア継続を断念。その後、9月初旬にヘタフェへの1年間のレンタル移籍が発表された。

その新天地では、ここまで公式戦24試合7ゴール5アシストを記録。1年半以上のブランクから順調に試合勘、コンディションを戻している。この活躍によってスペイン国内の強豪クラブが獲得に関心を示しているとの報道も出ている。

しかし、イギリス国内では依然として一部でグリーンウッドに対する拒否反応はあり、同選手自身も現時点での母国帰還は時期尚早との思いもあるようだ。

ただ、先日にクラブの少数株式取得が正式に承認されたサー・ジム・ラトクリフ氏は、グリーンウッドに対する今後の対応を問われると、「我々は決定を下し、その正当性を示すつもりだ」と新たな決断を下す可能性を認めた。

さらに、同選手の状況を慎重に見極めることを条件に、状況次第では再びスカッドの一員として扱う可能性も示唆している。

「彼はマンチェスター・ユナイテッドプレーヤーであり、我々がフットボール部門を担当している」

「したがって、答えはイエス、我々は決断を下す必要がある。我々が決断を下さなければならないことは明らかだ。ただ、決定がなされたわけではない」

「彼は明らかにレンタル中だが、それは彼だけではない。我々には対処しなければならないフットボーラーが1人か2人いて、決断を下さなければならないし、そうするつもりだ」

「そのプロセスとは、誇大広告ではなく事実を理解し、価値観に基づいて公正な決断を下すことである。そして、彼がマンチェスター・ユナイテッドで誠実にプレーすることができるのか、我々はそれを受け入れることができるのか、ファンはそれを受け入れることができるのか、ということだ」

なお、グリーンウッドとユナイテッドの現行契約は2025年までとなり、1年の延長オプションも付帯している。