イタリアのゲームスタジオJyamma Gamesは2月18日イタリア文化にフィーチャーしたソウルライクのRPG『Enotria: The Last Song6月21日に発売すると海外向けに発表した。

国内向けのパブリッシングはセガが担当すると発表されており、日本語版はPS5Xbox Series X|S、PC(Steam)にて販売される予定だ。リリーストレーラーの概要欄によると、Epic Games ストアでも販売される。

『Enotria: The Last Song』はイタリアの文化や民間伝承にインスピレーションを得たソルウライクのアクションRPGだ。

作中の世界は邪悪な演劇​「カノヴァッチオ」に飲み込まれ、舞台に必要な要素以外のすべてが剥ぎ取られた世界。主人公は​「カノヴァッチオ」で唯一役割が与えられていない存在「変化の仮面」として世界を開放する戦いに挑んでいくこととなる。

トレーラーでは爽やかな晴天のステージが確認できるが、景観とギャップのある危険な戦いが展開されるのだろう。

『Enotria: The Last Song』発売日が6月21日に決定。イタリアのソウルライク_001
(画像はSteam:Enotria: The Last Songより)

主人公はさまざまな仮面を付け替えることで能力を変化させることが可能であり、おもにパッシブスキルが変化するという。

主人公に装備するパークとの組み合わせで”ビルド”要素を楽しめるほか、仮面はボスなどを倒すことで入手できるため、強敵を倒したときには「新たな力を手に入れる」喜びも味わえそうだ。

『Enotria: The Last Song』発売日が6月21日に決定。イタリアのソウルライク_002 『Enotria: The Last Song』発売日が6月21日に決定。イタリアのソウルライク_003 『Enotria: The Last Song』発売日が6月21日に決定。イタリアのソウルライク_004 『Enotria: The Last Song』発売日が6月21日に決定。イタリアのソウルライク_005

(画像はEnotria: The Last Song 日本語ボイストレーラー(CV:杉田智和) – YouTubeより)

また、ゲームプレイは戦闘のほか、道中のパズル要素を特殊能力「アルドーレ」などを駆使して解き明かし進行していく。公式サイトでは「アルドーレ」によりマップ上に巨大な橋を出現させており、戦闘以外のダイナミックな演出やギミックが用意されていることが伺える。

『Enotria: The Last Song』発売日が6月21日に決定。イタリアのソウルライク_006
(画像はSteam:Enotria: The Last Songより)

国内でも発売される作品であるため、興味がある読者は本作の公式X(旧Twitter)アカウントをチェックして続報を待とう。

Steam:Enotria: The Last SongはこちらEpic Games Store:Enotria: The Last SongはこちらPSストア:Enotria: The Last SongはこちらEnotria: The Last Songの公式Xアカウントはこちら