世の中にあふれるライフハック。

いざという時に便利な一方、多くの人が見落としてきた『マイナス面』も存在することがあり、注意が必要です。

スマートフォン(以下、スマホ)のiPhoneを手掛けるApple社は、自社のウェブサイトで、巷で流行のあるライフハックをやらないよう呼びかけました。

iPhoneが濡れた時の対処方法に、お米はNG

同社は、iPhoneや付属機器が濡れた時の対処方法をウェブサイト上で紹介。

iPhoneや電源アダプタなどの機器からケーブルを抜いたら、風通しのいい乾燥した場所に置き、完全に乾かす必要があるそうです。

『iPhone XS』『iPhone XS Max』『iPhone XR』とそれ以降のiPhoneには、ケーブルなどの付属機器を接続した際、コネクタ内の液体を検出し、画面に警告を表示する機能があるため、活用しながら状態を確認するとよいでしょう。

iPhoneを乾かす時に、やりがちなNG行為が3点あるのですが…。

以下は、やってはいけないことです。

1.熱源やエアダスターでiPhoneを乾かさないでください。
2.綿棒やペーパータオルなどの異物をコネクタに挿入しないでください。
3.iPhoneを米が詰まった袋に入れないでください。米の粒子がiPhoneを傷付ける可能性があります。

Apple ーより引用(和訳)

3点目に、米を使った乾燥方法についての注意が書いてあります!

スマホが濡れた時の対処法として有名になっていたのが、米の吸湿性を活用した乾燥方法でした。

やり方は、ジッパー付き保存袋に生米か炒った米と一緒にスマホを入れ、密封してしばらく放置するというもの。

実際に試した人もいるようですが、同社からするとオススメできない方法のようです。

同社の注意はネット上で拡散され、反響を呼びました。

・海外の友人も、スマホをシンクに落とした時に米に突っ込んでいたな。ダメなのか…。

・ちょうど米にスマホを沈めていました!やっちまった、無事でいてくれ!

・メーカーが禁止した行為はやめたほうが得策だね。

・こういうこともあるのですね…。ライフハックの知識はアップデートしていきたい。

精密機械であるスマホ。

もしスマホが濡れてしまった時は、メーカーが推奨する方法を確認し、安全に復活させたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
Apple
※写真はイメージ