女優の吉高由里子(35歳)が、JR東海の新CM「いこう。待ってる人がいる。」篇に出演。2月22日に公開された。それに伴いインタビューに答え、“新幹線の好きなところ”について語っている。

2023年より「会いにいこう」をテーマに、テレビCM車内チャイムの刷新を通じてキャンペーンを展開してきたJR東海。これまでは「会いにいく人」に焦点を当ててきたが、2024年は「待ってる人」の視点で、ワクワクや緊張感を描いていく。駅まで友だちを迎えに行く道中、出張帰りの妻を待つ夫、駅で取引先のお客様を待つ上司と部下といった、人々の数だけ待っている人が日本中にいて、いつもと違う時間が生まれている――そんな「会いにいこう」がつくるストーリーを展開する。

今回のCMにちなみ、撮影後のインタビューで「新幹線のどういった点がお好きですか?」と聞かれた吉高は「トンネルくぐったら、ガラッと風景が一気に変わるじゃないですか。いきなり海がバーッて見えたりとかしたと思ったら、今度は一面緑の畑になったりとか。と思ったら、急に山と山の間の村みたいなところが出てきたりとか。いろんな環境が目の前で紙芝居のように変わっていくのが、すごく楽しいなって昔から思ってました」とコメント。

さらに「あんな速いスピードなのに全然揺れないっていうのも不思議じゃないですか。どういう構造になってるんだろうと思って。日本人の技術の結晶ですね、本当。素晴らしい。しかもかっこいいですしね」と語った。