KTウィズでの再起を誓っているロハスJr.。この元二冠王が不遇をかこった阪神での経験を振り返っている。(C)Getty Images

 かつて日本でプレーした助っ人スラッガーの赤裸々な告白だ。2021年から2年間、阪神に在籍し、今季からKBO(韓国プロ野球)リーグのKTウィズに在籍しているメル・ロハスJr.が日韓プロ野球の違いを明かした。

【動画】打った瞬間の圧巻弾! 元阪神ロハスJr.の今の打撃を見る

 日本では苦しい時期を過ごした。20年にKBOリーグで、打率.349、47本塁打、135打点、OPS1.097というハイアベレージを残してMVPに二冠王とMVPに輝いたロハスJr.。同年オフにNPB複数球団による争奪戦の末に阪神と契約。いわば「救世主」として大きな期待を背負っての鳴り物入りでの入団だった。

 しかし、コロナ禍による合流の遅れなどもあり、結果は鳴かず飛ばず……。在籍2年間で通算成績は、打率.220、17本塁打、48打点、OPS.697と低迷。韓国球界二冠王の実力を発揮できずに、契約満了による退団を余儀なくされた。

 今季から古巣KTウィズに4年ぶりに復帰したロハスJr.は、開幕に向け調整を続けるなかで、日韓両球界の違いを率直に語っている。韓国メディア『OSEN』の取材に応じた33歳は、「日本と韓国は異なるスタイルの野球をしている。だから簡単に良い悪いを言うことはできない」と前置きしたうえで、こう続けた。

「打者として何かを話さなければならないとすれば、日本は韓国より球速が速い投手が多いんだ。制球力の良い投手ももっと多かったね。韓国の投手たちは、真っ向勝負が必要になるシチュエーションで、自信を持って勝負に臨む。だけど、日本の投手たちは、国際的にも有名で、どんなに優れた投手であっても、こっちがその前の打席でヒットを打っていたら、絶対にストライクは投げない。ボールゾーンに球を散らして真っ向勝負をしないんだ」

 以前に日刊紙『朝鮮日報』の取材で「2020年以降で僕は本当に色々な経験をした。それが成長するための礎になると思う」と自信を漲らせていたロハスJr.。日本で「ダメ助っ人」のレッテルを貼られてしまった感のある33歳は、愛着のある韓国で再起を遂げられるだろうか。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

「日本は真っ向勝負をしない」元阪神助っ人ロハスJr.が告白した日韓球界の違い「どんなに優れた投手でも」