ハンバーガー

重篤な乳製品アレルギーを持つアメリカ人男性が、チーズを抜き忘れたハンバーガーを提供したファストフード店に対し、賠償を求める訴訟を起こした。『USA Today』『Daily Beast』などが伝えている。

 

■重篤な食物アレルギー反応

2021年2月21日早朝、ニューヨーク州在住の男性(28)が、フードデリバリーを利用してハンバーガーやドリンクなどを注文した。

注文時、男性は重篤な乳製品アレルギーを持っているため、「ハンバーガーの中のチーズを抜くように」と強くリクエストしたという。

しばらくして到着したハンバーガーを男性が食べたところ、口の中に違和感を覚えた。喉が腫れてきたため中身を確認してみると、チーズが入っていたのだ。

 

関連記事:ファストフード店で後輩が先輩の腹を刺す チーズの切り方指導にカチンときて?

■病院に搬送された男性

男性によると、次第に呼吸が苦しくなり、咳が止まらなくなった。喉のかゆみと腫れが増し、全身に焼けるような感覚が走ったことから、チーズを摂取したことによるアナフィラキシーを発症したのは明白だった。

過去にも同デリバリーサービスを何度か利用しており、いつもチーズ抜きのハンバーガーが届いていたため、安心して食べてしまったそうだ。

男性は側にいた交際相手の女性に助けを求め、急いで救急病院へ。緊急治療を受けたことで一命を取り留め、数時間後には退院できたという。

 

関連記事:海外マックでできたての人気商品を買う方法? 元クルーの告白で議論が白熱

■賠償求めファストフード店を訴え

この出来事から約3年後の2024年2月2日、男性はファストフード店に対し、治療費をはじめ慰謝料、訴訟費用などの賠償金を求める訴状を、ニューヨーク州上級裁判所に提出した。

男性は「ファストフード店は、安全に食べられる食品を消費者に提供する義務がある」と訴え、同店はそれに違反したとしている。

 

関連記事:ファストフード店で子連れの父親がイライラ 「15分間も待った」に店の対応は…

■フードデリバリー会社は訴外

男性の代理人弁護士は、「本件後、男性はトラウマを抱えるようになりました。レストランで食事を取ろうとすると、恐怖を覚え、精神的に不安定になります」などと、訴訟理由を各メディアに説明している。

訴訟を受けて、各メディアがファストフード店に取材依頼をするも、現時点で回答はない。なお、男性が利用したフードデリバリー会社については訴状に名前はなく、特に訴えられていないという。

ハンバーガー食べアナフィラキシー発症の男性 チーズ抜き忘れたファストフード店を提訴