シルベスター・スタローン(77歳)は、護身用に、娘の通学カバンにナイフを入れたことがあるそうだ。

スタローンは、妻ジェニファー・フレヴィン(55歳)との間にもうけた3人の娘たちに荒っぽい護身術を伝授した後、次女のシスティーナに命を守るためのナイフを与えたという。

現在25歳のシスティーナは、リアリティ番組「ザ・ファミリー・ストーン」のシーズン2プレミアでこう語っている。

「私たちに催涙スプレーの練習をさせたの。全くひどいわよね。4年生の時、私の通学カバンに小さなナイフを入れたのよ」

このエピソードでは、スタローンシスティーナと、長女で27歳のソフィアを連れて、防衛戦略グループで護身術を学ぶ姿もあった。

ニューヨークに住む娘たちにスタローンはこう警告している。

「ゲームをしてるんじゃない。彼らは戦闘を経験し、死に直面した人たちだ。これは本物なんだ」

その後、元海軍特殊部隊の教師二人がボクシンググローブをつけ、娘たちにパンチを放ったところ、ソフィアが「いつニューヨークでこんなことをやる時が来るの?」と質問、システィーナは「初デートの度にね」と冗談めかしていた。

その後、護身術のクラスのトレーナーの一人がインスタグラムでメッセージを送ってきて、デートに誘われそうになったことを、システィーナはこう明かしている。

「でも、私は彼のタイプじゃないわ。理由はこうよ。彼は本当に大きなカーブを持った体型の女の子だけをフォローしてるから」

スタローンはその後、家族の生活を描いた同リアリティ番組で、マイアミ大学に通っている21歳の三女スカーレットの近くにいるために、妻と共にフロリダ州パームビーチに永住することを、他の二人の娘にこう話していた。

「長い間真剣に考えた末に、俺たちは決めたよ。カリフォルニア州を永久に離れる時が来た。フロリダに行くつもりだ」
「俺は現状を壊したくないけど、ママが大きな冒険を望んでいるのはわかってる」

さらに、この引っ越しで妻への「借り」を作ったとしたスタローンに、ジェニファーは「それを変える必要があるわ。(子供が出て行き)空の巣になったことで、私たちは多くのトラブルに巻き込まれる可能性がある」と返している。

ジェニファーとの間の三人の娘のほか、シルベスターには、最初の妻との間に二人の息子である44歳のシアジオと、2012年に冠動脈疾患で36歳で亡くなったセイジがいる。