女優の吉岡里帆(31歳)が2月23日、自身のInstagramを更新。出演予定だった4月期の連続ドラマ「たーたん」(日本テレビ系)が制作中止になったことについて、胸中をつづっている。

「たーたん」は、「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で連載中の漫画を原作に、ムロツヨシ主演予定で準備が進められていた連続ドラマ。制作発表などはまだ行われていない未発表作品だったが、今年1月に亡くなった漫画家・芦原妃名子さん(享年50)原作の連続ドラマ「セクシー田中さん」と同じ日本テレビ制作、同じプロデューサー、同じ小学館の作品という座組だったことからSNSなどでも物議を醸し、一部週刊誌が“制作中止”になったと報じていた。

この件について、出演予定だったとされる吉岡はInstagramを更新。「4月期ドラマ“たーたん”制作中止が発表されました。大事な決定だと思います」と記し、「今年に入って考えること沢山あります。改革の時なんだなきっと。兎に角目の前の仕事を一生懸命に…環境に感謝して、人に物事に誠実に」とつづる。

そして「最近色んなことが起きすぎて眠れません。こういう寝れない日ってどうされてますか?」とファンに問いかけている。