マジでイラつく!男性が「うんざりする会話」って?

つまらない話や自分勝手な話ばかりだと、男性は引いてしまうかもしれません。 耐え切れずにイライラされたり、最悪避けられたりする可能性もあります。 今回は、男性がうんざりする「女性との会話」を紹介します。

脱線しまくる

さっきまでテレビの話をしていたのに、気がついたら料理の話になっていたり、仕事の話になったりすることはありませんか? そのように話があちこちに脱線されると、相手はうんざりしてしまうかもしれません。 すべて話したいのかもしれませんが、話にまとまりがなくなって聞くことに疲れてしまう男性も…。 まずは1つの話を終えてから次の話をしないと、なにが言いたいのかわからないと思われるかもしれません。

答えにくい

質問の意味がよくわからなかったり、知らない人の話をされたり…どう答えればいいのかわからない内容だと困惑してしまうかもしれません。 頭のなかには「?」がずっと浮かんでいる状態でしょう。 相手がどのように感じているかを確認しながら話すのがとても大事です。 相手の気持ちを考えて、さりげない気遣いをしてあげると、男性からの印象も一気によくなるでしょう。

どうでもいい内容

その日に起こった出来事や体験したことなど、自分のことばかり話そうとするのはNGです。 日記を聞かされているような気分になるので、相手からすると「どうでもいい」と思われるかもしれません。 男性が興味を持っているものの話ならいいですが、ただの日記になってしまうのは避けるべきでしょう。 会話とは、キャッチボール。 一方的な話ばかりしないよう気をつけましょう。

ダラダラ続く

一度話し始めるといつまでも延々と話しつづけて、一向に終わりが見えなくなる…。 そうなると「この子に捕まったら長くなる」と感じるので、必然的に男性は避けるようになる可能性があります。 ダラダラと長話をするのが苦手な男性もいるので、キリのいいところで終わらせるように意識してみるといいかもしれません。 ちょっと盛り上がったくらいで終わりにしたほうが「もっと話したい」と思ってもらえるでしょう。

会話中は相手のことを考えて

会話をするときは、聞いている相手がどう思うかも考えながら話をしてみてください。 そういった気配りができる女性は、好かれるはずですよ。 (愛カツ編集部)