SNSやインターネット上で「日本一低い」とされる信号機が存在します。どのようなものなのか、実際に見てみると、思っていた以上に低いものでした。

神戸の新長田駅近くに

自動車むけの信号機は、少なくとも人間の手の届く範囲より遥かに高い位置に設置されていることが一般的です。そのようななか、SNSやインターネット上で「日本一低い」とされる信号機が存在します。実際にその信号を見てきました。

この信号があるのは兵庫県神戸市新長田駅(JR・神戸市営地下鉄)近くの交差点。ここは線路沿いの道路と、JR線の高架の下を通る道路が交わっており、「日本一低い」とされる信号機は後者に設置されています。

「日本一低い」とされる信号機は縦型のもので、高架下トンネルの「けた下制限高2.7m」の高さに収められる位置につくられています。思った以上に“低い”ものでした。

高さは成人男性の背丈と並ぶくらいで、クルマで近づけばほぼ“目の前”に信号機があります。この近さゆえ、ひとつひとつの灯火のサイズも大きく感じ、通常の信号機では感じることができない迫力があります。

なお、同様の位置にある「日本一低い信号機」と称されているものは、たとえば和歌山市網屋町にある歩行者用信号など全国各所に存在する模様で、新長田の信号もそのひとつです。

「日本一低い」とされる信号機(乗りものニュース編集部撮影)。