脇の標識もレアだって?

旅客線にはない

りんかい線の公式X(旧Twitter)が2024年2月21日(水)、同線にある唯一の踏切について投稿しました。りんかい線は旅客線全線が地下もしくは高架となっているため、通常は踏切を見かけることはありません。どこにあるのでしょうか。

場所は同線の車両基地の近く、東京都品川区の大井ふ頭です。東京テレポート天王洲アイル間で分岐した引込線が車両基地手前で地上に出現し、道路を横断するのです。

同様のケースは他路線でも見られます。

例えばフル規格である東海道新幹線には、旅客線上には踏切はありません。しかし浜松工場静岡県浜松市)へ至る引込線には、同線唯一の踏切があります。イベント時に乗車して通過する体験が催されるほか、普段は駅ホームや高架橋などに隠れて見えない“新幹線の腹”が見られるスポットとしても知られます。

地下鉄である東京メトロ銀座線にも同様に、検車区へ至る手前に踏切があります。場所は東京都台東区。なお同線は、レールの脇から集電するシステムを採用しているため、線路側にも柵を設けて厳重に立ち入りを制限しています。

りんかい線(画像:写真AC)。