これ言われたら注意!男性が使う脈なしワード

男性が口にする「脈なしセリフ」を理解することは女性にとって重要です。 それは、男性が空気を読むために、はっきりと否定せずに使用する言葉かもしれません。 今回は、男性が口に出す「脈なしのキーワード」の具体例を4つ紹介します。

「こちらから連絡します」

「自分が連絡するから」という言葉は、実は、付き合いが進まない最初のサインとなります。 これを言われると、あなたから連絡しなくなりますよね? その結果、男性からの連絡もなければ、関係が自然に終わりを迎えることとなります。

「ほかの人も呼ぼう」

大半の男性は、親しくなりたいと思っている女性とは「二人だけ」の時間をすごすことを望みます。 それを考えると「みんなで飲みに行こう」とか「お互いの友達を誘って楽しもう」と提案する彼は、あまりあなたに興味を持ってない証拠かもしれません。

「次の機会にまた会いましょう」

「次回にまた…」と言う男性は、ほとんど「あなたに再会する意思はない」のでしょう。 次にもう一度相手と会いたいと思っている男性は「また次回ね」だけでは終わらせません。 具体的な約束を保留して「また次回」と考えてしまうのは、きっぱりと「もう会いたくない」と告げるのを避けたいからかもしれません。

「最近何をしていますか?」

過去の恋人に対してこのようなフレーズを言う男性は、ひょっとすると、気楽な関係を築きたいと思っているのかもしれません。 特に週末や夜に連絡がくる場合は、注意が必要です。 彼は暇つぶしで声をかけている可能性もあります。

脈ありぽく見えるフレーズでも…

彼に声をかけられ「彼は私に興味があるのかも!」と思うフレーズもあるかもしれません。 ですが、男性たちの視点から見ると「実は彼はあなたに興味がない」可能性もあるでしょう。 (愛カツ編集部)