アメリカの動物園が、帝王切開で誕生したゴリラの赤ちゃんの動画をSNSに公開し、多くの人を笑顔にしている。赤ちゃんは予定日より早く帝王切開で誕生したものの、元気に育っているそうだ。米ニュースメディア『New York Post』などが報じた。

米テキサス州にあるフォートワース動物園は現地時間14日、ゴリラの赤ちゃんが帝王切開によって誕生したことを発表した。母ゴリラは33歳の“セカニ(Sekani)”で、本来であれば2月中旬に出産予定となっていた。

しかし深刻な妊娠合併症の子癇前症(しかんぜんしょう)を発症したことで、1月5日に急遽帝王切開での出産となった。同動物園ゴリラの帝王切開による出産は初めてだったこともあり、獣医に加えて人間の出産の対応をする産科医や新生児科医も協力したという。

4~6週間ほど早く誕生した赤ちゃんは“ジャミーラ(Jameela)”と名付けられ、医療チームによる呼吸補助や体温調整、また哺乳瓶での栄養補給といった献身的なケアを受けて健康に問題なく育っていった。そんなジャミーラの動画がSNSに公開されると、そのつぶらな瞳にあどけない表情をした姿が多くの人を魅了したようで、このような声が寄せられた。

「この子は私を笑顔にしてくれたわ。」
「赤ちゃんって本当にみんな可愛いわね。」
「人間の赤ちゃんみたいに見えるね!」
「なんて、可愛らしいんだ。ママも大丈夫だといいんだけどね…。」

心配された母ゴリラのセカニだが、治療によって現在は回復しているという。しかし、セカニはジャミーラを見ても興味を示さず、現在同動物園ではジャミーラの養母になってもらうべく、24歳のメスのゴリラジャミーラの育児ができるように訓練しているそうだ。

今回、セカニの出産に立ち会ったフォートワースの病院「Texas Health Care Obstetrics & Gynecology」で産婦人科医を務めるジェイミー・ウォーカーアーウィン医師(Dr. Jamie Walker Erwin)は、同動物園の歴史的な出産に立ち会えたことについて、このように語っている。

「帝王切開によるセカニの出産に立ち会えたことは、産婦人科医としての私のキャリア全体の中で最も注目すべき出来事の一つです。絶滅危惧種ゴリラのケアを支援し、フォートワース動物園の獣医チームと専門知識を共有できることは光栄なことであり、特権だと考えています。今回の帝王切開で、セカニの体の構造がまさに人間の患者と同じだったことに本当に驚きました。」

今回のジャミーラは、同動物園の115年の歴史の中で3頭目のゴリラの誕生だったそうだが、テックインサイト編集部ではフォートワース動物園に、セカニとジャミーラの現在の健康状態やその後の様子などについてうかがうべく取材を申し入れている。

画像は『Fort Worth Zoo Instagram「A little peek into Jameela’s first few days.」』『Sedgwick County Zoo Instagram「Just in from the keepers」』『Blog | Columbus Zoo and Aquarium 「A Gorilla Birth Brings Two Surprises for the Columbus Zoo」』『LADbible 「Gorilla clutches nurse’s hand as he undergoes health check」(Credit: Caters News Agency)』『ViralHog Instagram「A proud mama shows off her baby at the Calgary Zoo.」』より
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト