タレントの東野幸治(56歳)が、2月25日に放送されたバラエティ番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演。吉本興業が契約を解消し、コンビも解散した元プラス・マイナスの岩橋良昌について言及した。

この日、岩橋の契約解消の話題を取り上げる中で、東野は「年末、ゴルフ行ったんですよ」と岩橋とゴルフに行ったと切り出し、「そのときもちょっと元気なかった。離婚したって知ってたんで、家でボーッとしてるんやったらゴルフ行こうと思って、何人かで行ったときは、もうちょっと…元気なかった」という。

また、プラス・マイナスが上方漫才大賞獲ったことを、皆で「おめでとう!おめでとう!」と祝福したものの、「(岩橋は)なんかこう漫才への情熱も、しゃべってるとあんまりない感じだったんで、元気ないな、とは思ってた」と語る。

そして「個人的には、1年、2年、3年…ちょっと長い目で待ってて。いずれ良いタイミングでもう1回、プラス・マイナスで漫才またやって欲しいなと思います」と語った。