お笑いコンビ・麒麟の川島明(45歳)が、2月27日に放送された情報番組「THE TIME,」(TBS系)に出演。安住紳一郎アナに“クレーム”を入れた。

佐久間宣行氏がフードデリバリーサービスのCMを初プロデュースし、そのCMに起用された麒麟・川島が、「THE TIME,」のインタビューに対応。川島は日々「ラヴィット!」に出演し、前の時間帯に放送されている「THE TIME,」の安住紳一郎アナとクロストークで毎日顔を合わせているが、安住アナに対して「一言物申したいことがある」と“クレーム”を入れる。

川島は「だいたい残り30秒くらいで、安住さんがパッて振ってくるなって思って行ったら、1分前に急に話し掛けてくる。で、1分前に『ラヴィット!』のスタジオに振る時は、何か悪い企みがある。何かしら『ラヴィット!』に対するクレームがあるのか、そういったことを言ってきたりする。今日は来おへんな、っていう時は残り6秒で振ってきたりする。30秒前には話を振ってきて欲しいですね。残り6秒で『川島さん!』って言われてもムリ……『わー!』『頑張ります』ってごまかしたりしてますけど内心ドキドキしてますからね」と語った。

川島の“クレーム”を受けたこの日のクロストークに、川島は「きっかり30秒で。やればできるんだって」と安住アナの手腕を褒め、安住アナは「ピアノの(演奏の)途中で喋り始めちゃった」と話すと、川島は「ありがとうございます。やりやすいです」と話し、2人とも無言で笑顔を交わした。