株式会社ウェイブ(本社:東京都豊島区、代表:関口航太)は、AnimeFestaオリジナルアニメの主題歌CDのイベント先行発売を決定したことをお知らせいたします。

  • TVアニメ「悶えてよ、アダムくん」の最終回記念イベントにて、主題歌CDの先行発売が決定!

イベント当日のCD購入者として、「悶えてよ、アダムくん」の描きおろしブロマイドをプレゼント!

イベント日時:2024年3月10日(日)OPEN 12:00 / START 13:00

イベント会場:LOFT/PLUS ONE

イベント詳細/URL:

https://www.loft-prj.co.jp/schedule/plusone/272954

  • CD商品概要

TOKYO MXで毎クール放映中の深夜アニメ枠、通称『僧侶枠』のアニメ主題歌のうち、2018~2024年3月までに放映されたメンズ、青年ジャンルの楽曲を全10曲収録。ブックレットには各アニメ作品のキービジュアルや場面カット画像を多数使用しております。

▼「悶えてよ、アダムくん」公式サイト GOODSページ

https://adamkun.af-original.com/goods/

【楽曲リスト】

1.ギンギンパーフェクション/澁谷果歩

 2024年放送『悶えてよ、アダムくん』より

2.おーばーらぶ/うづほ

 2020年放送『おーばーふろぉ』より

3.コイノアナ/葉月さき

 2018年放送『じょしおちっ!~2階から女の子が…降ってきた!?~』より

4.カフェラテ恋ゴコロ/高崎三奈美(みなみお姉さん)(CV.北見六花

 2021年放送『しょうたいむ!~歌のお姉さんだってしたい』より

5.アフターファイブ・シンデレラ/葉月さき

 2021年放送『じみへんっ!!~地味子を変えちゃう純異性交遊~』より

6.恋愛☆洗セーション/結月葵(CV.青葉りんご)、佐々倉芽衣(CV.伊ヶ崎綾香

 2019年放送『洗い屋さん!~俺とアイツが女湯で!?~』より

7.whisper/MAO

 2023年放送『夫婦交歓~戻れない夜~』より

8.サイダーみたいな恋をして/高崎三奈美(みなみお姉さん)(CV.北見六花

 2023年放送『しょうたいむ!2~歌のお姉さんだってしたい』より

9.エイチ・ビー/Harem Beat/慈輝月学園キャンプ部(廣田 もも、藤森 楓、白河 夏海)

 2022年放送『ハーレムきゃんぷっ!』より

10.シークレット・ミッション・ラブ/雷土吏子(CV.御苑生メイ

 2023年放送『しーくれっとみっしょん~潜入捜査官は絶対に負けない!~』より

【情報】

価格:2,500円(税抜)

発売日:2024年5月22日(水)

収録時間:39min

品番:WVSS-M0001/JANコード:4580076251712

<STAFF>

プロデュース&ディレクション 小林達矢(株式会社ウェイブ

デザイン One Or Eight

2024年5月22日(水)から、全国のCDショップならびにオンラインストアにて流通予定。

  • 「悶えてよ、アダムくん」絶賛放送&配信中!

タイトル:悶えてよ、アダムくん

放送・配信予定:

TOKYO MXBS11 2024年1月7日(日)深夜25:00~

AnimeFesta 好評配信中

▼AnimeFesta作品視聴ページ

https://animefesta.iowl.jp/titles/1274

公式サイト:https://adamkun.af-original.com

公式X(旧Twitter):@AnimeFesta_Info

<ストーリー>

パンデミックで全人類がED化した世界、

男子学生・一樹は唯一ED化を免れた特別な存在だった。

バレたら一生モルモット生活…そんなの嫌だ!

秘密を守るべく転校した先はまさかの、

女だらけハーレム学園!?

親切で気さくな先輩、欲求不満な女教師、学園の王子様、

財閥の令嬢、どんな女性も虜にできる

一樹が選ぶのは果たして――

<STAFF>

原作:トヨ

監督:昆野比遊太

シリーズ構成:村井辰太郎

キャラクターデザイン:渡辺義弘

サブキャラクターデザイン:那須玲奈

総作画監督:黒田和也・那須玲奈

色彩設計:わしみ

美術設定:那須玲奈

美術監督:まかろん

撮影監督:鳳凰院修羅苦羅・友沢匠人

編集:新海コウキ

音響監督:西山寛基・石倉礼

音響制作:スタジオマウス

アニメーション制作:studio HKIBOSHI

製作:彗星社

園宮一樹:志藤春道

姫乃朱莉:蒼乃むすび

椎名楓:三咲里奈

九重杏季:和央きりか

胡桃沢結衣:澁谷果歩

熊澤:皇帝

配信元企業:株式会社ウェイブ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ