オープン戦ではあまり良いところが出ていない阪神。岡田監督はどのように修正していくのか(C)KentaHARADA/CoCoKARAnext

 今月23日からスタートしたプロ野球オープン戦で、昨年のセ・リーグ覇者であり日本一の座にも輝いた阪神がここまで3連敗と、予想外の結果となっている。

 23日には、巨人との「伝統の一戦」で華々しくオープン戦初日を迎えたものの、4-9で黒星発進。翌日はヤクルトに0-1で完封負けを喫し、その次の日の中日戦でも1-4で敗れている。

【動画】「勝てない王者」2024年2月25日【 阪神 vs 中日 】 佐藤義則の眼

 もちろん開幕前ということもあり、結果を重視する必要は無いものの、それぞれの内容を振り返っても昨年の王者の面影が見えづらい負け方にも映る。特に、打撃陣に至ってはヤクルト戦ではわずか1安打で敗れるなど、ファンにとってはやや不安を残すゲームが展開されている。

 また、3試合での打撃陣のパフォーマンスには、バッターそれぞれの打席における意識を問う声が、球界OBからも上がっている。

 現役時は阪急やオリックスで活躍し、指導者として阪神のコーチも務めた佐藤義則氏が、自身のYouTubeチャンネル『佐藤義則チャンネル』を2月25日に更新。オープン戦3連敗の阪神について、自身の見解を語っている。

「オープン戦と言っても、連敗となれば監督もあまりいい気分はしないと思う」

 3連敗についてそう語る佐藤氏は、ここまでの阪神の試合内容において、先発、救援陣のピッチングを振り返るとともに、打者については見逃し三振があることに対して苦言を呈している。3試合でいずれも見逃しでの三振が記録(計8個)されており、相手にリードを許し、ランナーを置いた場面でもスイングせずにアウトとなるシーンが目立った。

 佐藤氏は「バッティングコーチは絶対に『積極的に振っていけ。甘いボールは見逃すな』と言っているはず」と述べている。また、昨年は四球を選ぶ姿勢が攻撃陣の大きな特徴となったことにも触れながら、「今はそういう時期ではないので。やっぱりバットを振るということを優先させないと」と主張。

 さらに、「バッティングコーチにしてみれば、振らないで帰って来るのが一番ショックなこと。何のために使ってもらっているのかという感じになっちゃう」と論じており、状況に応じたバッティングが重要であるとして「ファウルで逃げるとか、自分で考えて、追い込まれたら右打ちを狙うとか、そういうことをしていかないと何も起きない」と言葉を続けた。

「『今年の阪神は強いな』と相手に思わせないといけない。やっぱり点数が取れないと勝てないので。いくらピッチャーが抑えても」

 現在までの内容を踏まえ、佐藤氏はチームに対し、もどかしそうな表情でそう語っている。阪神の次戦は来月2日、沖縄から北海道へと移り、札幌ドームで日本ハムと2連戦を戦う。仕切り直しとなる試合で、阪神打線の奮起に期待したい。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

オープン戦3連敗で浮かんだ懸念材料 見逃し三振が目立つ阪神打線に球界OBが苦言「何のために使ってもらっているのか」