2月27日、株式会社グラフィック社は、未来の食事風景を想像させる書籍クック・トゥ・ザ・フューチャー 3Dフードプリンターが予測する24の未来食』を3月に発売することを発表した。

本書には、介護職や備蓄、代替たんぱく源などを将来的には3Dプリンターによって制作可能になることを複数のシーンで提言したもので、現実にはあり得なさそうな「江戸紋様の培養肉」や、竜巻のように巻き上がる「時空そば」「古生物のミックスグリルなどの奇抜な食品サンプルが掲載されている。

「江戸紋様の培養肉しゃぶしゃぶ」「時空そば」など未来食をイメージさせる食品サンプルが掲載された本が3月に発売_001

「江戸紋様の培養肉しゃぶしゃぶ」「時空そば」など未来食をイメージさせる食品サンプルが掲載された本が3月に発売_002 「江戸紋様の培養肉しゃぶしゃぶ」「時空そば」など未来食をイメージさせる食品サンプルが掲載された本が3月に発売_003 「江戸紋様の培養肉しゃぶしゃぶ」「時空そば」など未来食をイメージさせる食品サンプルが掲載された本が3月に発売_004

公開されている画像によると、未来の食事はパスタチョコバナナも含めてなんでもプリンターで印刷できるので、その形状は設定次第で自由自在。一度記録したものであればデータを用いてどこでも印刷して生成することが可能になるという。

一例として公開された食品サンプルでは、江戸紋様で作られた培養肉のしゃぶしゃぶ、僅か2秒で生成されてしまう竜巻のような躍動感を見せる「時空そば」、古代生物のアンモナイト三葉虫をモチーフにしたミックスグリルなど、3Dプリンターならではの特徴を持つ料理が紹介された。

そのほか、本書では全8章にわたって未来の食事について語られる。

クック・トゥ・ザ・フューチャー 3Dフードプリンターが予測する24の未来食』は2024年3月に発売予定。価格は2640円となっている。本著が気になった方は、ぜひ販売ページをチェックしてみてほしい。

株式会社グラフィック社の公式サイトはこちら株式会社グラフィック社の公式Xアカウントはこちら

以下、プレスリリース全文。


2055年の世界をSF思考で描く『クック・トゥ・ザ・フューチャー 3Dフードプリンターが予測する24の未来食』3月発売!

グラフィック社は、書籍『クック・トゥ・ザ・フューチャー 3Dフードプリンターが予測する24の未来食』を、2024年3月に発売いたします。

「江戸紋様の培養肉しゃぶしゃぶ」「時空そば」など未来食をイメージさせる食品サンプルが掲載された本が3月に発売_005

2055年、食が3Dフードプリンターで“印刷”されることが当たり前になる!破壊的なイノベーションで進化する未来の食卓が、科学的な視点や未来の日記・イラストによってリアルに描かれる。

介護食、災害食、肥満対応、食品ロス、代替タンパク源など、3Dフードプリンターによって可能になるであろう、未来を予想するアカデミックなSFフードテック本。

食の未来を「かたちが変わる」「原材料が変わる」「時空間が変わる」「食生活が変わる」と4ステージに分け、全24の食シーンを提言する。本物さながらに作られた「江戸文様の培養肉」、「時空そば」、「古生物のミックスグリル」など、食品サンプルも見どころの一つである。

フードテック分野で注目を集め、その社会実装がリアルになってきた「3Dフードプリンター」。3Dフードプリンターでどのような料理が作られ、どのように世の中が変わっていくのか、その可能性をいち早く示したはじめての本が発売となる。

「江戸紋様の培養肉しゃぶしゃぶ」「時空そば」など未来食をイメージさせる食品サンプルが掲載された本が3月に発売_006

江戸文様の培養肉

「江戸紋様の培養肉しゃぶしゃぶ」「時空そば」など未来食をイメージさせる食品サンプルが掲載された本が3月に発売_007

培養肉で作った江戸文様のしゃぶしゃぶ。食文化の連続性を維持して新奇食材の利用を促進する。

時空そば

「江戸紋様の培養肉しゃぶしゃぶ」「時空そば」など未来食をイメージさせる食品サンプルが掲載された本が3月に発売_008 「江戸紋様の培養肉しゃぶしゃぶ」「時空そば」など未来食をイメージさせる食品サンプルが掲載された本が3月に発売_009

ジャスト・イン・タイム料理で、時間や場所の制限がなく、無駄を省き、いつでもどこでも食べられる未来を想像する。

古生物のミックスグリル

「江戸紋様の培養肉しゃぶしゃぶ」「時空そば」など未来食をイメージさせる食品サンプルが掲載された本が3月に発売_010

その瞬間、その場所でしか食べられない料理。しかし、データやAIを活用すると「思いもよらない料理」や「あの日あのときの料理」を食べることができるようになる。

目次

「江戸紋様の培養肉しゃぶしゃぶ」「時空そば」など未来食をイメージさせる食品サンプルが掲載された本が3月に発売_011

はじめに 十分に発達した技術は、魔法と見分けがつかない
序章 3Dフードプリンターによる破壊的イノベーション
1章 斬新なかたちをデザインすることができる(物語チョコバナナ/食べる建築/浮かぶラーメン)
2章 時間によって変形することができる(メタモルフォーゼパスタ/形状記憶シリアル/ふるえる納豆)
3章 食品ロスを削減することができる(ほたて殻バーガー/1,000種の野菜サラダコンポストから完全食)
4章 新奇食材の利用を促進することができる(江戸文様の培養肉/昆虫アソートクッキー/屋形船でプランクトン料理)
5章 時間や場所の制限をなくすことができる(時空そば/拡張する果物狩り/ポケットフード)
6章 データやAIを活用することができる(古生物のミックスグリルレジェンドモードの機内食/あなたの「My御前」)
7章 個人に最適化することができる(登山遠足のアイス/“手作り!”の料理/お弁当メンター)
8章 楽しみを増強することができる(回転パズルコーン/ブロックのカレーキット/おいしい手書き文字)
おわりに なぜ『Cook to the Future』なのか

著者プロフィール

石川伸一(いしかわ・しんいち)
東北大学大学院農学研究科修了。北里大学講師、カナダ・ゲルフ大学食品科学部客員研究員などを経て、現在、宮城大学食産業学群教授(www.ishikawalab.com)。専門は、食品学、調理学、栄養学。関心は、食の「アート×サイエンス×デザイン×テクノロジー。著書に『料理と科学のおいしい出会い』(化学同人)、『「食べること」の進化史』(光文社)などがある。

石川繭子(いしかわ・まゆこ)
北里大学大学院獣医畜産学研究科修了。イラストレーター・ライター。食や科学に関するイラスト制作・執筆を行っている。「ひとさじのかがく舎」(www.1tspscience.com)にて、石川伸一と食についての書籍作製などに取り組む。共著に『かがくを料理する』、『分子調理の日本食』(共にオライリー・ジャパン)、『絵巻でひろがる食品学』(化学同人)がある。

書籍情報

書名:クック・トゥ・ザ・フューチャー 3Dフードプリンターが予測する24の未来食
著者:石川伸一、石川繭子
発売日:2024年3月
仕様:A5 並製 総212頁
定価:2,640円(10%税込)
ISBN:978-4-7661-3698-2
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4766136985
楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/17791262/

株式会社グラフィック社
ホームページ:https://www.graphicsha.co.jp/
X:https://x.com/Gsha_design/
Instagram:https://www.instagram.com/graphic_sha/
Facebook:https://www.facebook.com/graphicsha/