画像はイメージ

画像はイメージ

会社側の誠意が感じられない面接は、応募したこと自体が虚しくなってしまいそうだ。神奈川県の30代後半の男性(建築・土木技術職/正社員/年収400万円)は

「趣味の欄に『ガンダム模型製作』と記載したら『そのような趣味の人は採用しません』」

と言われ、結果は「当然、不合格…」と肩を落とす。ガンプラの何がいけないのか不明だ。手先の器用さやクリエイティビティが仕事で役立つシーンもありそうだが……。男性としては、履歴書は事前に提出していたにもかかわらず、それが理由で不採用は納得いかないだろう。「交通費1000円だけ支給された」というが、

「それなら二次試験に呼ぶなよ」

と不満を吐露した。(文:谷城ヤエ)

血液型を聞かれた理由は「オーナーがB型が嫌い」

北海道の50代前半女性(事務・管理/正社員/年収250万円)は「今ならあり得ないのですが面接で血液型を聞かれました」と明かす。現在勤める会社も含め、3社から聞かれたという。

「1社目はサービス業。理由はオーナーがB型が嫌いだから」
「2社目はホテルの内勤。理由は、今いる人達がB型が嫌だから」

血液型を理由に歓迎されないことが続いたようだ。しかし

「今の会社、不動産管理、医療等複数の事業。理由はB型しか働いてる人がいないから」

女性はB型だったため、「3社目だけ採用」された。採用されたのはいいが、血液型など仕事の能力に関係ない事で判断されるのは理不尽だろう。

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

履歴書に趣味を書いたら面接で「そのような趣味の人は採用しません」と言われ呆然 「それなら二次試験に呼ぶなよ」と怒る男性