画像はイメージ

画像はイメージ

本当に辛い時、味方になってくれるのが友人ではないだろうか。福岡県に住む30代後半の女性(事務・管理/年収700万円)は、精神的な苦痛を抱えていたとき、友人からさらに追い打ちをかけられ絶縁を決めた。

そもそものきっかけは、女性が高校時代の同級生に失恋したことだった。

「相手から突然、別の相手との結婚式の画像の入ったUSBを渡され、騙されていたことにショックを受け、1年経っても立ち直れずにいました」

つまり二股をかけられていた上に、結婚の事実を映像で見せつけられたのだから酷な話だ。(文:永本かおり

「写真を突然見せられるとパニックになる」とメールしたのに

辛く苦しい失恋を経験した女性。失望感を抱えた様子で、「当時子どもが欲しかった私は、もう子どもを産むことができないんじゃないか」と不安な心境になったことを綴った。

そんなとき、高校時代からの仲である友人に、メールで「写真を突然見せられるとパニックになること」と、「子どもがもう産めないかもしれない不安」を伝えたという。

しかし、その返信は……

「精神科に行ったほうがいいという内容と、自分は結婚して子どもができたという報告、さらには、子どもの写真を送ってきた」

というから無神経すぎる。励ますつもりだったのかもれないが、こういう事が苦しいと訴えている、そのままの事をしてきたのだ。

友人とは30歳くらいまでは連絡を取り合う関係だったというが、女性はこれをきっかけに目が覚めたようで

「今までも、会うたびに嫌なことを言われ続けてきて、マウントされてたと気づき、私を精神病扱いしたかったみたいなので、精神的におかしくなった人みたいな返信をして、以降一切連絡をとっていません。ましてや、もう会いたくもありません」

と、怒りを露わにしていた。

キャリコネニュースでは「友人と絶縁したことがある人」をテーマにアンケートを行っています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/LQ1RHMHG

失恋で絶望「子どもをもう産めないかも」と友人にメールしたら……返信が子どもの写真で絶縁