画像はイメージ

画像はイメージ

不倫はパートナーを深く傷つける行為だ。専業主婦の50代女性もかつて夫が不倫していたことがある。

4年前、夫の海外赴任が決まった。当時女性は正社員として働いており、子どもの学校のことも考慮して、夫が単身で海外に渡ることになった。

元々夫婦関係は良好だったようで、朝晩の連絡も欠かさなかった。女性の側からも赴任先に行ったりするなど、「仲良く暮らしていました」と振り返る。そこまでは何も問題はないように思えたが、夫から不倫の事実を告げられる。(文:谷城ヤエ)

夫は「魔が差した、二度としないから、離婚したくない」

女性が夫の不倫を知ったのはつい最近のことだった。

「相手の女性に別れを告げたら、逆上され、妻に危害を与える等脅された為の告白でした。相手の女性は日本在住の私より年上離婚歴あり子持ち女性。1年の交際」

夫はやむを得ず告白したようだが、問題なければこのまま隠し通す気でいたのだろうか。夫は「魔が差した、二度としないから、離婚したくない」と主張したという。

ちょうど女性は、親の介護等の理由で半年前に「仕事を辞め無職」になっていた。経済的には不安がある立場だ。そのため「いろんな方へ相談等して、離婚はしないと決めました」と語る。

しかし

「信じていた者に裏切られて、ATMと思おうと気持ちの切り替えをしようとしているが辛い毎日」

と現在の辛い心境を綴った。不倫をしている人は、自分がやっていることの残酷さに早く気づくべきだろう。

※キャリコネニュースでは「不倫された人、した人」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/XG3Y7TPZ

仲良し夫婦のはずが…夫の不倫告白で「ATMと思おうとしているが辛い」と語る女性