人を楽しそうにいたぶったり、やたらと当たりが強かったりする人を指す、『ドS』という言葉。

その趣味にマッチする人が相手なら問題はありませんが、一般人にギョッとされてしまうのは、無理もないでしょう。

旅人YAMA(@yama31183)さんがX(Twitter)で報告したのは、大半の人が「勘弁してくれよ…」といってしまうであろう『ドS』でした。

「ドSすぎる蛇口を見つけたんだけど…」

蛇口の写真

な、なんという『ドS』っぷり…!

大半の人は、暑い日には冷水を求め、寒い日には温水を求めるもの。

しかし、手洗い場に掲示された貼り紙を見ると、「夏にはお湯が出て、冬には水が出ます」という告知があるではありませんか!

投稿者さんによると、ほかの蛇口は、ちゃんと季節に適した温度の水が出る仕様だったのだとか。きっと、必要な人のために、あえて1つだけ異なる設定にしているのでしょう。

…とはいえ、誰もがほかの蛇口を確認したり、貼り紙を読んだりするわけではありません。うっかりこの蛇口を使い、『ドS』の被害に遭う人もいるはずです。

巧妙な『罠』と投稿者さんの発想に、多くの人が笑ってしまったようです!

・むしろ優しさなんだろうけど、なんという孔明の罠…!

ワロタ。貼り紙の『宣告』がじわじわとくる。

・うちの職場にも、1つだけあえて季節に合わせていない蛇口がある。たまに間違えて使って「ギャー!」ってなります。

優しさによる仕様ではあるものの、時には意図せず『ドS』になってしまう蛇口。

今この瞬間も、誰かが苛烈な『責め』に「ギャーッ!」と悲鳴を上げているかもしれません…!


[文・構成/grape編集部]

出典
@yama31183