脱毛・ワックス

個人経営の美容系サロンは、家族がアシスタントを務めることもしばしば。しかし施術を手伝うようなことがあれば、「有資格者かどうか」を確認したほうがいい。

アメリカで、「可愛いから」という理由で幼い子供を手伝わせていた女が逮捕された。『FOX26 NEWS』『Action News 5』などが報じ、物議を醸している。

 

■顧客の肌にワックスを

アメリカ・テネシー州のメンフィスで、脱毛サロンを経営していたエステティシャンのジャスミン・モスが、幼児虐待ほかの容疑で逮捕された。

ジャスミン容疑者は、ブラジリアンワックスと呼ばれる脱毛の施術において、顧客の肌にワックスを塗る行為を5歳の娘にさせていた。容疑をすべて認めているが、顧客からの評判は悪くなかったと主張している模様だ。

 

関連記事:「メンズ脱毛剤」人気ランキング 夏前にムダ毛を処理

■「可愛いし良い宣伝になる」

ジャスミン容疑者は娘が裸の女性の股間にワックスを塗る様子を撮影し、Instagramに写真を3枚もアップ。それを見た人たちから警察への通報が相次ぎ、16日に逮捕となった。

容疑者には、それが無資格者による施術であること、および幼児への精神的虐待であるという自覚がなく、「誰もが可愛いと思うだろう。いい宣伝になる」と考えていたという。

 

関連記事:高橋茂雄、男女どちらにVゾーン脱毛を頼むかで苦悩 千鳥・ノブは即決で…

■「娘のためにお金を稼ぎたい」

5歳の娘は計10時間、24人の顧客のワックス脱毛を手伝っており、ジャスミン容疑者は744ドル(約11万1,000円)を稼いでいた。

幼い娘が見知らぬ大人の股間に触れるという行為を、喜んで見て撮影していたことについては、「お金をいっぱい稼ぎ、それで娘の将来の夢を叶えてあげたかった」などと話したという。なお、娘の名前などは明らかにされていない。

 

関連記事:DVを疑い父親が逆上か 娘の恋人を“処刑”し穴に埋めた容疑で逮捕

■トラウマの懸念も

この事件について、専門家は「顧客はなぜ黙っていたんだ」「母親のせいでとんだトラウマを抱えたことだろう。治すには何年もかかるのでは」などと話している。

現在、メンフィス市の児童​​福祉局および市警のインターネット犯罪対策特別委員会が、問題あるサイトに娘の画像が提供されるようなことがなかったかなど、さらなる捜査を共同で行っている。

5歳娘に客の股間へワックス塗らせる 脱毛サロン経営者が逮捕されるも「可愛いと評判」