画像はイメージ

画像はイメージ

当たり前だが、不採用であっても応募者にはマナーを守って接しなければならない。会社の対応次第では、反感を買う可能性もある。

東京都の40代後半の女性(企画・マーケティング・経営・管理/年収500万円)は、大学病院での最終面接の際に、希望した職種とは別の部署のプロジェクトの採用面接も受けるよう打診されたそう。理事長が女性自身のこれまでの経歴を勘案した結果だったという。女性は理事長の言葉通り、「履歴書や業務一覧表、出版著作物を提出」したのだが……(文:長田コウ)

面接から3か月以上経っても、採否の結果が来ない

その後の展開をこう振り返る。

「面接後、採用不採用の通知を3か月以上経っても放置された。仕方がないので理事長を通じて再度確認して、やっと不採用の通知文を郵送してきた」

散々待たせた挙句、不採用通知とは、ガッカリしたことだろう。しかし、雑な対応をするのは、職員に対してだけではなかったのだ。

「この大学病院は、精神科が大変有名な病院で、全国から患者が殺到していますが、患者にもこうした対応をしていると思いました」

逆に、このような職場で働かずに済んだのは良かったのかもしれない。

茨城県の40代後半の男性(サービス・販売・外食/年収500万円)は、以前の職場にいた人事担当者の言動に衝撃を受けたそう。

ハローワーク経由の採用募集で来た履歴書を2か月も放置しており『あぁ、応募来てたんだっけか。忘れてた。面倒だからいいや』とゴミ箱に投げ捨てているのを見た」

男性自身もハローワーク経由で応募し、入社したというが、これを見て、あることを思い出したのだ。

「自分も面接案内や落選通知もしばらく待たされたのはこれが原因だと判明」

そこは、男性いわく「近年まれに見る軍隊式ブラック企業」だったらしく、最後にこう結んだ。

「その応募した方は入らなくて正解だと思った」

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

履歴書を2ヶ月放置!結局、「面倒だからいいや」とゴミ箱に投げ捨てた人事にドン引きした男性