か、可愛すぎる…。男性が爆速で会いたくなる【あざといLINE術】

彼に会えない深い悲しみや寂しさは、無理せず素直に伝えることが大切です。 どうせ伝えるなら少しでも相手に負担をかけずに、伝える方法はないでしょうか? そんな疑問に応えるべく、今回はイヤミや重さを感じさせず、そっと寂しさを伝えるコツをアドバイスします。

冗談でさりげなく

寂しさというのは、悲しみや焦りと同じく、見えない感情の1つにすぎません。 「会えないんだね…」と、相手を責めるようなことを言ってしまうのは絶対に避けましょう。 それは、相手を遠ざけるだけです。 寂しい気持ちを伝えるときは一旦冷静になり、ジョークを交えた、冗談っぽい伝え方を試すといいでしょう。 「私って好かれてないの?もう寂しいわ~(笑)」など、冗談っぽく、明るく寂しさを伝えることで、相手も気楽に受け取ることができるでしょう。

ギャグスタンプを活用!

スタンプの力を借りるのも、感情をうまく伝えるためのいい選択肢となるでしょう。 「寂しい」をそのままスタンプで送ると、ちょっと重苦しく見えてしまうかもしれません。 そんなときは、ギャグスタンプを活用するのが1つの解決策となるでしょう。 ギャグスタンプであれば、相手に伝えたいことはしっかりと伝わるだけでなく、その軽快さで笑顔にさせることも可能になります。

「好きだよ」と素直に言ってみよう!

「好きだよ」という気持ちは、あなたも普段から何度も伝えているのではないでしょうか? それを、今度はあなたの寂しさを伝えるために使いましょう。 寂しい気持ちを伝えるととともに、スタンプや一緒にすごした楽しい思い出を一緒に送るなど、工夫してみてください。

次に会ったときのアイデアを出す

「次に会ったときに一緒に楽しめること」をアイデアとして伝えるのもいいでしょう。 「今日、友達と一緒に行ったお店がすごく美味しかったよ!○○くんとも一緒に行きたいな」など、具体的な提案をすることで彼の興味をそそることができます。 彼も「次は絶対に彼女と一緒にすごす時間を作ろう!」と思うはずです。

自分らしく伝えることが大切

寂しさの度合いは人それぞれ。 自分にベストな方法を見つけて寂しいという気持ちを上手に伝えてみてください。 あなたらしさを最大限に活かして一緒にすごすことを考えられる時間を作ってみてはいかがでしょうか? (愛カツ編集部)