―[結婚につながる恋のはじめ方]―


 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。

◆年収2000万円超、モテる男性でも結婚は遠い

 今回は結婚したいのに恋に落ち、短期間で終わってしまうループから抜ける簡単な方法についてお伝えします。

 タカシさん(仮名・39歳)は年収2000万円以上、身長170センチ、おしゃれでモテる男性。35歳をすぎたあたりから恋愛をしても続かず、短期間で別れることを繰り返していました。

 いい人がいれば、結婚したいと思いながらも続かない恋愛に「そろそろ本気で婚活しよう」と決意し、私が担当することになりました。

◆29歳美容師と付き合い始めたつもりが…

 活動開始から予想通り、申し込みが殺到。彼はそれだけでかなり満足したのか自分からは申し込むことなく、お見合いをスタートしました。

 同時にプライベートでの出会いも増え,その中で好きになった29歳の美容師さんとお付き合いすることになったと報告がありました。そのタイミングで休会し、彼女との関係を育てることに。しかし、実はワンナイトを過ごしただけでその後、連絡が途絶えがちになりました。

 彼女は1か月たらずで「そんなつもりはなかった」と音信不通になりました。

 その後、すぐに活動再開。私は「次彼女ができても活動はストップしないほうがいいです。運命は自分のタイミングでは訪れない。恋をしたらその人に一途に行きたくなると思いますが、気持ちは一途視野は180°広げて活動だけは止めずにこの人という人に出会うまで続けましょう。それが婚活ですよ」とお伝えしました。

◆結婚が決まるまでは婚活を止めてはいけない

 恋愛体質の人は、恋愛が始まるとどうしてもどっぷりとその人に沼ってしまい、ほかの人が目に入らなくなったり、ほかの異性と会ってることに罪悪感を感じたりします。

 が、結婚をしたいと目的があるのならそれが叶うまでは婚活はストップしない。開店休業でも出会いはとめない。それが運命に合わせてチャンスを掴むコツだとお伝えしました。

 その後、タカシさんは婚活再開。2か月後にまたプライベートでご紹介された28歳女性とお付き合いしましたが、3か月で破局。しかし、その間にお見合いをしていた33歳女性と意気投合し、真剣交際まで進み成婚しました。

◆恋愛体質な人ほど婚活で意識するべきこと

「彼女に対してお見合いの時に恋愛感情は感じませんでしたが、失恋直後にデートをする約束をしていたのがたまたま彼女でした。結婚相談所のルールだからと約束をしていたのですが、そのタイミングであったときに、彼女の優しさがすごく身に染みて感じて。失恋をしたことなんて伝えてないのですが…多分どこか自分が傲慢になっていて、当たり前になりすぎていた女性からの気遣いに気づいた感じですかね」

 恋愛感情は自分で止めようと思っても難しいもの。しかし、ふとした時や、タイミングで縁を感じる瞬間がきます。

 なので、恋愛体質な人ほど婚活を続けていくと、必ず縁につながるので無意味に感じる時間も過ごしてみるのはいかがでしょうか?

【山本早織】
1985年、東京生まれ。アイドル、銀座のホステスなどを経て、現在は恋愛コンサルタントとして結婚したい男女に向けて情報や出会いの場を提供する。「1年以内に結婚する成婚必勝マガジン」をLINEで配信中。公式ホームページ「結婚につながる恋のコンサルタント 山本早織」(Twitterアカウント:@yamamotosaori_

―[結婚につながる恋のはじめ方]―