どれだけ「好き」でも…年の差婚で気をつけたいこと

年の差婚について、実際うまくいくのかどうか気になったことはありますか? 今回は、年の差婚について経験者から聞いた情報を紹介します。

コミュニケーションが大事

「彼は私よりも5歳上で喧嘩が多かったです。年上だからって何でもわかっているわけじゃないんだと思い知らされました。でも、喧嘩しても自分たちで解決していく姿勢が大切だなと感じました」(28歳女性) 年齢に関係なく、コミュニケーションが大切であるという声もあります。 喧嘩を避けることよりも、喧嘩しても解決するための努力が必要なのかもしれません。

経済力は個人差がある

「彼は9歳年下で驚くほどの収入があります。年上だからって収入が高いとは限らないですね。結婚前には収入や浪費の有無など、経済面もしっかり見極めたほうがいいです」(30歳女性) 経済力については個人差があります。 年上だからといって安心せず、相手の経済状況をよく理解することが重要です。

助け合いの関係

「彼は3つ年下で、お互いによりいい人生を作るために協力し合っています。安心感があるのはやはり魅力ですね」(35歳女性) 年齢差があっても、お互いに支え合い、共に成長していく関係が構築できることもあります。 助け合いの関係を築けるかどうかも、年齢差婚において重要なポイントと言えるでしょう。

将来の不安を共有する

「彼は6歳年上で、老後について話し合うことも大事だと思いました。将来の不安や希望を率直に話し合うことで、お互いの気持ちが通じ合うことができます」(26歳女性) 年の差婚では、将来の不安についてもきちんと話し合うことが大切です。 お互いの価値観や希望を理解し合うことで、よりよい未来につながるのではないでしょうか。

結婚の幸せは2人で築く

年の差婚にはさまざまな意見がありますが、最終的には「一緒に幸せになりたい」という気持ちが最も重要です。 お互いを尊重する姿勢が、幸せな結婚生活を築くポイントとなるでしょう。 (愛カツ編集部)