神戸市内にある国道174号は、「日本一短い国道」として知られています。一体どのような道路なのか。実際に歩いてみました。

幅はスゴイが長さは激短!

神戸市内にある国道174号は、「日本一短い国道」として知られます。どのような路線なのか、実際に歩いてみました。

国道174号神戸港国道2号を結ぶ路線です。その長さは1kmにも満たないばかりか、たったの「187.1m」です。ここまで短いのは国道2号のルート変更が関係しているという説が有力です。

現在の国道2号は大阪方面からくると、三宮交差点の手前で左折して海側へ向かうルートですが、もともとは曲がらずに三宮交差点を直進していました。つまりかつては、神戸港から三宮交差点までが国道174号だったのですが、国道2号との交点が海側に移ったことで、距離が短縮された――というのが背景にあるそうです。現在、もともと国道174号だった区間は、兵庫県道30号の一部となっており、「フラワーロード」と呼ばれています。

この道の長さである187.1mは「80m=徒歩1分」とする不動産業界の基準に従うと、2分を少し超える程度の時間で歩ききってしまうことになります。ただ、実際に歩いてみると、思ったより時間を要することがわかります。

道路を撮影しながら2回、時間を測ってみたところ、1度目は4分24秒、2度目は2分53秒でした。というのも、途中に大きな通り(京橋線)との交差点があり、交通量が非常に多いため、ここで長い信号待ちが発生します。なお国道174号も距離こそは短いものの、道幅では上下合わせて11車線を擁する大きな通りです。

ちなみに国道174号の始点・終点には「日本で一番短い国道です」の立て看板が。短いながらも神戸の交通の大動脈であることに加え、一種の観光名所にもなっているようです。

「日本一短い国道」の看板がある国道174号(乗りものニュース編集部撮影)。