FXにおいて、ある程度トレードの動きを予測することは大切です。テクニカル分析などを勉強することで、利益を出せた経験がある人もいるでしょう。しかし、値動きの予測に成功した初心者ほど、注意すべきことがあって……。今回は、初心者トレーダーがトレードするうえでの注意点について、株式会社ソーシャルインベストメントの清水一喜氏が解説します。

「わかったつもり」になるトレーダー

すべてのことを知っている全知全能な人間は存在しません。人々が問題なく日常生活を送れている理由は、コミュニティによって知識の共有がされているからです。

たとえば、美味しい食事が提供されるレストランでは、料理に精通した料理人、サービスの勉強をしたウェイトレス、コストを細かく計算する支配人など、人々が専門知識を共有することで成り立っています。誰かひとりでレストランを経営しようとしても成り立たないでしょう。知識の共有は、人類が効率的に進化するうえで欠かせない要素なのです。

人類が効率的に問題解決を行える一方で、時に知識の共有は個人にデメリットをもたらします。その代表例が、物事をいかにも「わかったつもり」で振る舞う人々です。システムや仕組みを当たり前のように使っているが故に、自分がその構造のすべてを理解しているかのように錯覚してしまう人が存在します。

知識の錯覚は、人々に非合理的な行動でも実行に移してしまう理由へと変貌することもあるので、慎重に対応していかなければなりません。特にFXでトレードしていくにあたって、知識の錯覚は大きな不利益をもたらす可能性があります。

次に、FXにおいて「わかったつもり」になることで生じるデメリットを解説していきます。

わかったつもりになると、なかなか「損切り」できなくなるワケ

FXトレーダーとして「わかったつもり」の罠にはまってしまうと、なかなか損切りができないトレーダーになってしまう可能性があります。

テクニカル分析を勉強したての初心者トレーダーは、インジゲーター※1の動きやプライスアクション※2に一喜一憂する傾向があります。そして、勉強したテクニカル分析を用いて利益が乗ってくると、あたかもトレードのすべてがわかったかのように値動きを予想するようになります。

※1 チャート上やチャート下部に表示するサポートツール

※2 「プライス(値段)のアクション(動き)」=「値動き」そのものを分析してチャートに刻まれた投資家心理を読み解き、相場状況を判断していく分析手法

自らの力を過大評価してしまう初心者トレーダーは、相場の本当の恐ろしさをわかっていません。相場は時に、誰も想定していないような急な値動きをすることがあります。そのような事態に陥ったときに重要なことは、素直にトレードをやめることです。

プロトレーダーであれば、自分が想定していた流れと異なる相場が訪れたときは、トレードを見送ります。しかし、テクニカル分析のすべてをわかったつもりになっている初心者トレーダーは、自分の分析力を発揮すれば、どんな急変相場でも対応できると確信してしまいます。

プロトレーダーでも見送るような相場で、初心者トレーダーが利益を残せるかどうかは解説しなくても結果がわかるでしょう。自分を過大評価してしまう「わかったつもり」はFXの世界において非常に厄介な心理状態なのです。

相場の動きは誰にもわからない

さまざまな経済要因が絡み合う為替市場では、誰も予測していない大きな変動が起こることがあります。

トレーダーとして為替市場で利益を出し続けるには、「いつなにが起こるかわからない事実を受け入れること」が非常に大切です。わからないことをわかろうとする努力は大切ですが、相場のすべてを理解することは不可能に近いでしょう。

プロトレーダーは、さまざまな為替変動リスクに備えてポジションを調整したり、トレードの注文を入れたりしています。すべてを知っているかのように振る舞うのではなく、予想外の値動きが起きたらどうするかを考えることで、イレギュラーな値動きに対応できます。

自分のテクニカル分析力を盲信し、値動きのほとんどをわかったつもりでトレードしていると、自分が想定していない値動きが起きた際に思考停止してしまいます。一度、思考停止してしまうと、無理な逆張りやポジションの塩漬けなど、トレードがよくない方向へ向かってしまいます。

思い込みを排除してトレードしよう

今回は、「わかったつもり」になることのリスクについて解説しました。

知識を共有して発展してきた人類は、あたかもすべての仕組みがわかったかのように振る舞ってしまう傾向があります。しかし、我々は自分の理解度を過剰に評価していることがほとんどで、多くの場面でわかったつもりになっているのです。

FXトレーダーとして利益を上げるためには、「わかったつもり」でトレードすることを排除しなければなりません。過度な思い込みを持ってトレードしてしまうと、いざイレギュラーな値動きが起きたときに対処することができません。プロトレーダーと同じ意識でトレードしていくためには、どんなイレギュラーが起きても冷静に判断できるフラットな心理状態が必要です。

思い込みの心理状態から脱することで、大きな損失は未然に防ぐことができます。大きな損失を回避することができれば、自ずとトレードの成績は向上していくでしょう。

清水 一喜

株式会社ソーシャルインベストメント

執行役員

※画像はイメージです/PIXTA