本州南岸を通過している低気圧が1日(金)には日本の東へ抜けていくため、西日本や東海、関東では雨や雪も朝までにやみ、晴れ間も出てくるでしょう。
 一方、低気圧の通過後は冬型の気圧配置となりますので、山陰から北陸では雨や雪が降り、北日本では雪でふぶく所もある見込みです。大気の状態が不安定となるため、西日本から東北の日本海側では、落雷や突風などに注意してください。南西諸島では雲が多く、にわか雨がありそうです。
 上空に寒気が流れ込み大気の状態が不安定となるため、西日本から北日本の日本海側では2日(土)にかけて大雪や積雪による交通障害に注意してください。

気象予報士・塩見 愛)

1日午前9時の予想天気図。