11歳の時に「自分は毛深く、他の人とは違う」と気付いた女性(27)はそれから10年以上、人目を気にしてムダ毛を処理した。ところが2019年、20代前半だった女性は「ありのままの自分を受け入れよう」と決意。SNSでビキニ姿も披露し、胸毛、脇毛、すね毛などを惜しみなく見せ、多くの人をインスパイアしている。ボディポジティブな話題をネットメディア『Tyla』などが伝えた。

カナダ、ケベック州モントリオールに住むエステル・カリクステ=ベアさん(Esther Calixte-Bea、27)は、自身のことを「芸術家兼ボディー・ヘア活動家」と呼んでいる。キャンバスに向かって絵を描くのはもちろん、SNSでは「クイーンエステルQueen Esther)」または「クイーン・エシエ(Queen Esie)」の名を使い、脇の下、顎、胸、背中、脇、すねなどに生える毛を隠さずに晒しているためだ。

そんなエステルさんが最初に「自分は人と違う」と気付いたのは11歳の頃で、当時のことを「友達が私の毛深いお腹を見てとてもショックを受けてね。ポジティブとはいえない反応を見た瞬間に『体毛が生えていることは普通ではない。これからは剃らなくちゃ』と思ったの」と振り返る。学校はモントリオールの中心から数分のところにあり、隣人はほとんどが白人という環境で育ったそうで、「毛深いことはかなりの重荷だった」と明かし、こう続けた。

「長い時間をかけて剃毛しても、その2日後にはまた生えてくるの。だから毛を剃るのが嫌で、そのうち泳ぎにいくのを止めてしまったわ。それに自己処理をすることで皮膚を傷つけてしまい、皮膚の内部で毛が成長する埋没毛にも悩まされるようになったの。」

エステルさんは当時、胸元のシャツを引っ張り上げ、胸毛がきちんと隠れているかどうかを常に確認し、「誰かに胸毛を見られたらいじめられる」と怯えていたという。そうして浅黒い肌を火傷させてしまう恐れがあるレーザー脱毛には手を出さなかったものの、ワックス処理、電気脱毛などあらゆる方法を試してきた。しかし10年以上もムダ毛処理を続けた結果、体毛がさらに濃くなり頭を抱えるようになった。

実はエステルさん、「自分の毛深さは遺伝によるもので、祖先は西アフリカコートジボワールのウェ族」ということを後で知ったという。同国では、植民地化される前は「女性の体毛は成熟と女性らしさの象徴で美しいこと」と考えられていたようで、そのうち「毛深いことは恐れるべきことではない。それを受け入れよう」と思うようになったそうだ。

そしてちょうどその頃、ムダ毛を処理することに疲れと疑問を感じ始め、2019年にまず、胸毛を剃ることを止めた。そしてSNSで「ボディー・ヘア活動家」と名乗り、全ての体毛の処理を止めてビキニ姿を披露。2021年1月には「自分を受け入れよう(セルフ・ラブ)」という特集を組んだファッション雑誌『Glamour UK』の表紙を飾った。

エステルさんはこれまでの経験から、「自分を晒すことで美の基準というものが再定義されると嬉しい」と述べており、SNSでは「自分を恥じるべきでなく、時間をかけて前向きに受け入れていこう」とメッセージを発信している。

そんなエステルさんには、「絶対ノー」「女性の胸毛はちょっと抵抗がある」「これは異様」といった批判的な声もあるものの、その多くはポジティブで、次のようなコメントが寄せられている。

インスパイアされる。」
「あなたのおかげで、私もムダ毛処理を止めたの!」
「毛を剃らなくても、あなたはとても美しい。」
「あなたから発せられるエネルギーが大好きなの!」
「元気をもらっているよ。」

そしてテックインサイト編集部からも、エステルさんに「今後も多くの人を勇気づける存在でいて欲しい」とのメッセージを届けている。

ちなみに過去には、「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」を患い多毛で悩む女性が、髭を剃ることを止めたことをきっかけにSNSを始め、大きな反響を呼んだ。特に同じ病気の人たちが、この女性にインスパイアされたという。

画像は『Queen Esie TikTok「I know you’re in love but stop staring」「In 2018, I had a bikini photoshoot」「That’s Body Hair | Let us think about Body Hair」』『Queen Esther Instagram「I am so happy to share my very first cover with y’all!」「Be at Peace with your Body Hair」』『Nellie J Instagram「Got PeeSeeOhEs?」』『barb Instagram「my luv」』『Eldina Jaganjac Instagram「Selfie med mad i mundvigen」』『cydni.akbar TikTok「Why am I so unsymmetrical」』『Metro 「Woman whose hormone condition made her grow a beard says ditching shaving is the best thing she’s ever done」(Picture: SWNS.com)』より
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト