大阪市教育委員会は、市立小学校に勤務する女性教諭(38)を、停職3か月の懲戒処分にした。

トレンドニュースキャスター取材班は、教委の担当者から詳しく話を聞いた。

嫌がる児童にノートを破らす

大阪市教委によると、教諭は2021年~23年度、少なくとも21人の児童に暴言や威圧的行為を取ったという。

(画像:大阪市役所

具体的には、児童にノートを投げて返却。

また、ノートのページが汚いという理由から、児童が嫌がっているにも関わらずノートを破らせた。

さらに、「なんでこんなんわからへんの」などと、強い口調での暴言もあった。

教諭はすべての行為を否定

これらの行為は、複数の保護者からのアンケートでの訴えと、児童からの聞き取りで発覚した。

しかし、教諭は教委からの聞き取りに、すべての行為を否定し「適切に指導しただけ」と主張。

教委担当者は、トレンドニュースキャスターの取材に「教諭本人が行為を認めないため、対応に苦慮した。そのため処分までに時間がかかってしまった」と語った。

別室登校になってしまった児童も…

なお、計5人の児童が、教諭に対して「怖い」と訴えるようになり、自身のクラス以外の教室に登校する事態に陥った。

(画像:イメージ)

教諭は、2月29日から5月末まで3か月の停職処分に。

また女性教諭に、現在反省の様子も見られないため、復帰後に研修を予定しているという。

大阪市の小学校女性教諭 21人の児童にノート投げつけや暴言 停職3か月に 教諭はすべての行為を否定