画像はイメージ

画像はイメージ

結婚式をきっかけに、友人と絶縁したという投稿が後を絶たない。

「結婚が決まったので結婚式の招待状を送ったら、『私も結婚することになったのでこれでおあいこね』と絶交された」

という投稿を寄せたのは愛知県在住の50代後半の女性(事務・管理/年収250万円)だ。友人の言う「おあいこ」の意味がまるでわからないが、まさか結婚の早さを勝手に競っていたのか。そうだとしたら、絶交されてよかっただろう。

近郊の式場なのに「ホテルもとってないなんて!」と親友に責められた

北海道在住の30代後半の女性(事務・管理/年収100万円)は、「結婚式呼んでね!」と言っていた親友をいざ招待すると、

「近郊の結婚式なのに『ホテルもとってないなんて!』と言われ、そこから一切の連絡も取らず。数年後謝ってきたけど昔のようには付き合えないですね」

と書いていた。ナイトウエディングならともかく、宿泊付きでないことを責められる筋合いはないだろう。謝ってきたのなら親友が何か誤解していた可能性もあるが、数年も経っていれば時すでに遅しだ。

ご祝儀の少なさから絶縁に至ることもあるようだ。静岡県在住の60代前半の男性(教育・保育・公務員・農林水産・その他/年収300万円)は、

「会社の同僚2人に結婚式受付を頼んだが、祝儀が2人連名で5000円だった。最低でも1人2万円じゃないかね。価値観の違いがあるとしても、それ以降付き合うに値しない人だと思った」

と厳しい意見を書いていた。結婚式で受付やスピーチ、余興などをしてくれた同僚や友人にはお礼として現金を渡すことが多い。この男性の場合はどうだったのだろう。

和歌山県在住の50代前半の男性(医療・福祉・介護/年収350万円)も、

「自分の結婚式のお祝いで仕事の先輩で出席して頂いたのは、良いですが、1万円しか入っていなかった。料理や引き出物やらで2.5万円程かかっているのに」

と不満を漏らした。同僚のご祝儀の相場は3万円で、それを想定して料理や引き出物を選んだ夫婦は式場への支払いに困るかもしれない。だったら会費制にすればいいと思えなくもないが……。

キャリコネニュースでは「友人と絶縁したことがある人」をテーマにアンケートを行っています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/LQ1RHMHG

ご祝儀が「2人連名で5000円」「1万円しか入っていなかった」 結婚式で絶縁した人々