代替テキスト
(写真:時事通信

「いたって普通の人っていうか、普通の日本人の人です」

日本時間3月1日、米アリゾナグレンデールのキャンプ地で結婚会見を行ったメジャーリーグドジャース大谷翔平(29)。妻について冒頭のように説明したが、その表情はやや照れくさそうだった。

前日29日の夕方にInstagramで結婚を報告すると、瞬く間に国内外から驚きや祝福の声が続出。日本時間の午前6時15分から結婚会見が行われたこともあり、民放各局では早朝から中継が放送された。

大谷が妻と出会ったのは、「3、4年前」とのこと。「惹かれたところは?」と問われると、「一緒にいて楽しいですし、これ一つっていうわけではなくて、全体的な雰囲気が合ってるかな」と相性の良さを明かしていた。

結婚について自ら語った大谷だが、なかでも“神回答”として注目を集めているコメントが――。

妻に関する質問が続くなか、「別のインタビューでは将来的な子供の話とか出ていると思うんですが、そういう希望やイメージは?」と問われた大谷。すると、こう答えたのだった。

「もちろんそうなればいいですけど、自分以外のことは言うと叶わないような気がするので、あんまり言いたくないっていう感じですかね」

大谷といえば、岩手・花巻東高校の3年生時に書いた「人生設計シート」で、“家族計画”も具体的に描いていた。

「人生設計のなかで大谷選手は、26歳でワールドシリーズ優勝と結婚を目標に掲げていました。子供に関しては28歳で第一子の長男、31歳で第二子となる長女を。そして33歳で、第三子の次男誕生と記載。そして37歳の時には、長男が野球を始めるとも記していました。59歳になったらリトルリーグの監督になるとも書いており、最近ではトレーニング中にチームメイトの子供たちと交流する姿も話題に。子供好きな一面もあるようです」(スポーツ紙記者)

だが会見では“子供は欲しい”とは明言せず、妻にプレッシャーをかけるような言葉を避けた大谷。そうした姿勢に、SNSでは感激の声が相次いでいる。

《泣くよこんなん言われたら 奥様大切にされとんやな素敵》
大谷翔平、彼女を守る姿勢がはっきりしていて羨ましすぎ》
《ちょ、ま、マジで?!?!わーーー 一気に大谷翔平好きになった!!!男らに悪気はないんだろうけど、子供の事言われると子供目当てで結婚したんかなって思っちゃうよね。。。プレッシャー。マジでイケメンやん世界に羽ばたくはずや》

また、愛妻への思いやりだけでなく、このコメントから“自己管理能力の高さ”を汲み取った人もいたようだ。

《自分以外のことは制御が効かない。自分のことは自分が制御できるし達成できる。ってニュアンスを感じる。2重にかっこいい》
《これサラっと言ってるけど、自分の事に関しては絶対に成し遂げるという決意とか覚悟を持って話しているとも取れて恐れおののいちゃいました》
大谷翔平、自分以外のことは言うと叶わない気がするので言わないってコトは、自分のことは自分でコントロール出来るので言ったことは全部叶えられるって言ってるに等しいんだよな。強過ぎる》

’22年3月にNHKのインタビューで、「無駄な時間というか、リラックスする時間すらもちゃんと管理したいし、野球に専念するところはしたいし、寝る時間もちゃんと管理したい」とストイックな生活を明かしていた大谷。トップアスリートゆえに、自分ではコントロールできないことへの理解も十分なようだ。