映画「愛のゆくえ」の公開記念舞台挨拶が3月2日、東京・渋谷シネクイントで行われ、出演する長澤樹と窪塚愛流、宮嶋風花監督が登壇した。

【フォトギャラリー】感無量の面持ちの長澤樹と窪塚愛流

北海道の美しい自然を背景に、14歳の内気な少女・愛(長澤)と幼なじみの少年・宗介(窪塚)が歩む喪失から再生までを幻想的な世界観でつづったドラマ。宗介の母は夫を亡くして心を病み、愛の母・由美がひとりで愛と宗介を育てていた。ところがある日、ケンカをして家を飛び出した宗介を捜す最中に、由美が亡くなってしまう。愛は父に連れられて東京へ行くことになり、北海道に残る宗介と離れ離れになってしまう。

撮影から約3年の歳月を経て、念願の劇場公開。長澤は「時間が過ぎるのは、あっという間。この日を待っていました。皆さんに見ていただき、本当に本当にうれしいです」、窪塚は「(撮影から)3年後に届けられて、とてもうれしく思っています。言葉で説明できる映画じゃなくて、皆さんそれぞれが思ったこと、感じたことがすべて」と感無量の面持ちだった。

撮影前には、長澤と窪塚、そして愛の母・由美を演じる田中麗奈が役作りのために、一緒にカレーライスを作ったといい「お互いに役名だけで呼び合った。僕は洗い物担当(笑)。撮影前に家族らしいことをさせていただき、いざ撮影が始まると、不安にならず取り組めた」(窪塚)。宮嶋監督は「リハーサルだけでは足りないので、一気に心の距離を詰めていただきたいと思った」と意図を語った。

本作は、「島ぜんぶでおーきな祭 沖縄国際映画祭」で実施されている若手映像作家の発掘・支援を目的とした「クリエイターズ・ファクトリー」の歴代受賞者によるワークショップで勝ち抜いた宮嶋監督の商業映画デビュー作。

この日の舞台挨拶には、当時、審査員を務めていた板尾創路が祝福に駆けつけ、「宮嶋さんの個展に行った気分になる映画。断片的なシーンが記憶に残り、余韻に浸れる。そういう不思議な感覚に陥る映画」と監督の半自伝的作品を評した。そして、「これを機にどんどん映画を撮ってください」とエールを送ると、宮嶋監督は「今後も映画づくりをがんばろうと思いました」と決意表明した。

板尾と長澤は、BS時代劇「あきない世傳(せいでん) 金と銀」で共演。また、板尾と俳優の窪塚洋介は共演をきっかけに親交があり、「お父さんに昨日も(会った)。今日のことを話したら、『(愛流が)天然なんでよろしく』って。まあまあ、親父も天然やで!」と明かし、会場を盛り上げていた。

3年越しの公開に感無量