パリ・サンジェルマンPSG)を率いるルイス・エンリケ監督が、同クラブに所属するフランス代表FWキリアン・エンバペについて言及した。1日、フランスメディア『RMC』がコメントを伝えている。

 リーグアン第24節が1日に行われ、PSGモナコと対戦(0-0)。この試合に先発出場していたエンバペは前半のみのプレーで交代となり、その交代理由には注目が集まっていた。

 そんななか、チームの指揮を執るルイス・エンリケ監督が試合後の記者会見に出席。前半のみでの交代となったエンバペについて言及し、「100パーセント監督の決断だ。遅かれ早かれ、彼なしでプレーすることに慣れる必要があるだろう。監督としての私の目標は、常にチームにとって最善のものを見つけることだ。この決断はチームにとって最善のものだったと信じている」と前半のみでの交代を決断した理由を明かした。

 なお、同メディアはエンバペのコンディションには問題が無かったと指摘しており、ルイス・エンリケ監督のコメント通り、エンバペの前半のみでの交代は指揮官自身の判断だったと報じている。今夏でのPSG退団が濃厚視されているエンバペ。かねてから関心が明らかとなっているレアル・マドリードへの移籍に大きく近づいているとも報じられているが、果たしてどのような結末を迎えるのだろうか。今後の動向に注目が集まる。

エンバペについて語ったルイス・エンリケ監督 [写真]=Getty Images