彼の気持ちが冷めかけているときの「NG行動」

もしかしたら彼氏の態度が冷めてきているかも…と感じたことはありますか? 今回は、彼の気持ちが冷めかけているときには避けたい行動を紹介します。

束縛する

「俺が彼女との気持ちが冷めたことに気づかないのか『友達との飲み会は週1回まで』『彼女がいるのに、旅行やアウトドアに行くのはおかしい』と、彼女が俺の自由を縛るように。素直に言ってケンカになるのは嫌なので適当にうなずくが、見破られると苛立つ」(30歳男性) 騒ぎを起こさないよう、外面だけは従順な男性もいるかもしれません、内心はうんざりしている可能性があります。 無駄な束縛は関係を悪化させかねません。

浮気を疑う

「彼女との関係が冷めかけているのは確かですが、3年も交際すればこんなもんかな…と思います。でも『必ず浮気してるよね?』と彼女が騒ぎ立てるので本当に嫌になりました」(29歳男性/商社) 浮気など「していない」と言ってもそれを信じてもらえないことから「浮気の話が出ただけで会話する気がなくなる」ということもあるようです。

話し合うことを強要する

「忙しくてデートが月に1回になったり、イベントごとが手抜きになったのは自分にも非がある。でも、彼女に『話し合おう』と言われるとめちゃくちゃ気分が沈む。話し合いというよりは、彼女が自分の要求をぶつけて、俺が納得するまで終わらない。相手の言葉を聞くつもりもないなら、話し合いという言葉を使わないでほしい」(27歳男性/IT) このような前提を設けずに、素直に意見を述べられるほうがよりコミュニケーションが取りやすいでしょう。

執着するのは危険です

このようなときに「すっきりさせよう」という態度を取ることは、早めに別れを迎えることにつながる可能性があります。 不安定な関係では、わざと穏やかでいるのが賢明な行動かもしれません。 (愛カツ編集部)