2日、2023-24 WEリーグ第8節のノジマステラ神奈川相模原vs日テレ東京ヴェルディベレーザが相模原ギオンスタジアムで行われ、アウェイの東京NBが2-0で勝利を収めた。

WEリーグは2カ月間のウインターブレイクを終え、今週末から再開する。1分け6敗で最下位に沈むN相模原指揮官交代を決断して再起を図り、3勝3分け1敗で4位の東京NBも、逆転優勝への意欲を示す。

今冬には両チームともに、昨季のなでしこリーグで結果を残したストライカーを補強。N相模原は大竹麻友 、東京NBは鈴木陽に神谷千菜と、早速新加入選手を先発起用した。

N相模原小笠原唯志新監督はこれまでの[4-3-3]から[3-4-3]に布陣を変更し、果敢なプレッシングを決行。これがはまり、序盤から南野亜里沙や平野優花が積極的に足を振っていく。

なでしこジャパンの一員としてパリ・オリンピックアジア最終予選に参加した田中桃子と藤野あおばを、疲労を考慮してか、ベンチスタートとした東京NBも、これまでの[4-4-2]とは異なる[3-5-2]の新システムを採用。相手の勢いと不慣れな面もあってか窮屈なビルドアップを強いられたが、11分には池上聖七の浮き球パスから鈴木陽がフリーで抜け出して一対一を迎える。だが、右足アウトサイドで流し込もうとしたシュートは、GK池尻凪沙に阻まれた。

手探りな組み立ての続く東京NBだったが、19分に先手を取る。右ウイングバックで先発した岩﨑心南のクロスに頭で合わせたのは神谷。昨季のなでしこリーグ得点王が、デビュー戦で名刺替わりのWEリーグ初ゴールをマークした。

N相模原が徐々に圧を下げたこともあり、徐々にボールワークにテンポが生まれ始めた東京NB。左ウインバックの菅野奏音を含めた両ワイドを内側に立たせてボールの保持率を上げ、中盤の2枚を押し上げた4トップ気味となる形を作り出せるようになると、足の長いスルーパスや坂部幸菜のクロスから鈴木にも度々好機が訪れた。

ハーフタイム明けに岩﨑に代えて藤野を投入した東京NBは、開始直後に藤野のクロスからあわやオウンゴールというシーンを作る。N相模原も58分、新加入の片山由菜を送り出して主導権を奪い返そうと試みるが、再びスコアを動かしたのは東京NBだった。

64分、左深い位置から上げた北村菜々美のクロスはファーへ流れるかと思われたが、神谷が体ごと投げ出してのヘディングで力強くねじ込み、アウェイサポーターに感嘆の声を上げさせた。

鮮烈な印象を与えた神谷は71分にも北村のクロスに飛び込み、よもやハットトリックかという場面を迎える。

87分にはN相模原の下山莉子にあわやのミドルシュートを浴びたものの、GK野田になのファインセーブをあり、クリーンシートでタイムアップ。再開初戦を白星で飾っている。

ノジマステラ神奈川相模原 0-2 日テレ東京ヴェルディベレーザ
【東京NB】
神谷千菜(19分)
神谷千菜(64分)