画像はイメージ

画像はイメージ

せっかく決まった仕事をすぐに辞めてしまうのはもったいないと感じる人もいるだろう。しかし、辞めるからには辞めたくなるだけの理由があるはずだ。

30代後半の女性(長崎県/事務・管理/年収500万円)は、「ライフライン関係の下請け会社の事務員」として勤務するも、2週間で辞めたことがある。しかも、その仕事は「6か月後には正社員にしてもらえるという紹介予定派遣」だった。どんな理由があって早々と辞めたのだろうか。(文:林加奈)

「土日祝の数だけ休みがもらえる」はずが「土日の数だけしかお休みがありませんでした」

派遣会社からは「正社員になってからも土日祝の数だけ休みがもらえる」と聞いていたというが、

「実際は、土日の数だけしかお休みがありませんでした。祝日分だけ休日が減るので、それを知った瞬間に辞めました。派遣先の会社となぜか、派遣会社からも責められましたが『絶対に嫌です』と辞めました。嘘を言って入社させて何になるのでしょう?私にはわかりません」

と、退職理由を書いている。そして、

「派遣先の会社の方々は優しくしてくれましたが、派遣会社が嘘を言ったこと、嘘をついたくせに逆ギレのような態度をとったので、そんな派遣会社を信用しなくてよかったと思っています」と続けた。というのも、女性はこの件がきっかけで、派遣会社に不信感を持つようになったのか、次は正社員の仕事を探し、すぐに見つかったそう。さらに、

「その会社で夫となる人と出会い、結婚しました。そういう面から見ても辞めてよかったです」

祝日が休みではないと言われたとき、渋々と受け入れていたら、半年後に正社員になれただろうが、現在の夫と結婚することはなかっただろう。「絶対に嫌です」と自分を曲げなかったことで人生を好転させたように思える。

※キャリコネニュースでは引き続きアンケート「仕事を即行でやめた人」を実施しています。回答ページはこちら https://questant.jp/q/HF78WM9H

休日日数が聞いてた話と違う!「絶対に嫌です」と2週間で辞めた女性