―[ゼロ恋愛 〜経験値ゼロから学ぶ恋愛講座〜/堺屋大地]―


 こんにちは、恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラーの堺屋大地です。

 筆者はLINE公式サービスにて、年間約1000件のペースでチャット恋愛相談を受けています。また知人経由で対面の相談を受けることも多く、性別・年齢問わずさまざまな方の恋のお悩みをうかがってきました。

 2020年国勢調査によれば、日本人の「生涯未婚率」(50歳時の未婚割合)は年々上昇しており、女性は17.8%、男性に至っては28.3%にも及びます。そんななかで、恋愛がうまくいかないという方々にも筆者の知見が少しでも役に立てばなによりです。

 さて、周囲の女性たちから好かれるコミュニケーションを取れるようになりたいと考えていても、実際にどのように振る舞えばいいのかわからない人は多いのではないでしょうか。

 ただおもしろいトークができたり、ただ温和な雰囲気を出したりするだけで、好かれるものでもないのです。

 そこで今回は、「女性から『大人だなぁ』と好感を抱かれる会話をする男の特徴」を紹介していきます。

◆①「聞き上手」の本質を理解している

 きちんとオチをつけて笑いを誘うような会話術を会得しているのも素晴らしいことですが、「爆笑トーク」ができるからといって女性は「大人」認定してくれません。

 一方、やはり「聞き上手」な男性は「大人」認定してもらいやすいですが、「聞き上手」というスキルを勘違いしている人が多いのもまた事実。

 自分の意見は極力言わずに「うんうん」「なるほどね」なんて相槌を打っているだけだったり、共感している姿を見せるために「そうだよね~」「僕もそう思うよ」なんてひたすら賛同するだけだったり……。これらをしていれば「聞き上手」になれると思っている人は、意外と多いのではないでしょうか。

 言わば、相槌や共感は守りを固めているだけ。「爆笑トーク」のスキルが自発的に攻め込んで好感度の得点を奪う会話術だとしたら、「聞き上手」のスキルは相手の攻めに対してフレキシブルに対応しながら、カウンターで得点を狙う会話術のようなものなのです。

 たとえば、女性から悩みや愚痴を聞いているとき、ただ共感してあげるだけでなく、その問題を多角的な視点で考えて、さまざまな可能性や価値観があることを伝えてみる。ときには、その女性が敵対している人物を擁護するような意見を主張してもいいし、その女性が誤った考えをしてしまっているなら諭すように指摘してもいいのです。

◆②悩みや愚痴をポジティブ結論に導ける

 しかし、最終的にはその女性にとって、ポジティブな結論に導いてあげることも重要。

 世の中の出来事はたいてい“正解”・“不正解”が表裏一体になっており、一見すると悪い出来事もいい出来事だったと捉えることができるもの。基本的にどんな物事もポジティブ解釈できるようになっています。

 その女性にとってイヤだったこと、つらかったこと、悲しかったことでも、その経験を糧にすれば未来をよりよく変えていけると伝えてあげたり、もともとその出来事は不可避だった可能性を伝えて、後悔や自責の念を取り除いてあげたりすることもできるはず。

 根拠なく「大丈夫、大丈夫!」「なんとかなるよ!」と、強引にポジティブに帰結するのは大人的ではありません。悩みや愚痴に対してロジカルに前向きな“答え”を示してあげることで、「大人だなぁ」と思ってもらえるようになるでしょう。

◆③立場が弱い相手にも殊勝に謝罪できる

 まず、勘違いしている人が多いかもしれませんが、ターゲットにしている女性たちと話しているときだけ大人な振る舞いをすればいいわけではなく、むしろその会話にターゲットがいないときこそ重要なのです。

 男性同士で話しているところを、女性たちはその会話に加わっていなくても、周囲で内容を聞いているというのはよくあること。特に男性の部下、後輩、年下と接しているときがポイントです。

 たとえば、人間誰しもミスはあるものなので、大人な男性は自分の落ち度や責任を素直に認めて謝罪できるもの。

 上司、先輩、年上に対して殊勝な態度で謝ることはさほど難しくないでしょうが、自分よりも立場が弱い同性の部下、後輩、年下にも、「申し訳ない。自分の責任だ」「ごめんな。俺が悪かった」なんて具合に、ちゃんと自身の非を認める。その姿を周囲から見ていた女性たちは、「大人だなぁ」と思ってくれるのです。

◆④目下の同性にも尊敬の念を持っている

 ちなみに、内心は嫌々で仕方なく謝っているとしたら、その本音が態度から漏れ出てしまいます。「申し訳ない」「ごめんな」といくら口にしていても、表面的な言葉だけの謝罪では意味がなく、えてして女性たちには醜い内面がモロバレになってしまっています。

 ですから部下、後輩、年下に対しても、その人物の長所や個性を認めて、リスペクトの気持ちを持って接するという基本スタンスが最重要とも言えるでしょう。

 自分より立場が弱い同性に対しても、尊敬すべきところは本心から尊敬し、敬意を持って接することができる姿こそが、女性たちから好感を抱かれる大人男性なのです。

◆どんな言葉を発するかより大切なこと

 女性たちから「大人だなぁ」と好感を抱いてもらえる男は、当たり前ですが本当に成熟した精神性の持ち主でなくてはいけません。大人な会話をするためには、その場でどんな言葉を発するかよりも、日々の生活のなかでどんなマインドを構築しておくかが大切だというわけです。

<文/堺屋大地>

【堺屋大地】
恋愛をロジカルに分析する恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラー。現在は『現代ビジネス』、『文春オンライン』、『smartFLASH』などにコラムを寄稿。LINE公式サービス『トークCARE』では、カウンセラーとして年間で約1500件の相談を受けている。X(旧Twitter):@SakaiyaDaichi

―[ゼロ恋愛 〜経験値ゼロから学ぶ恋愛講座〜/堺屋大地]―


※写真はイメージです。