職場での振る舞いに要注意!男性ががっかりする瞬間3つ

長時間を共にする職場では、言動に注意が必要です。 今回は職場の男性陣ががっかりする振る舞いについて、いくつかお伝えします。

見えない部分の印象が損なわれたとき

「事務の人からホッチキスの針を借りたら、引き出しが乱れていて…。 不潔ではないけれど、何も整理整頓されていないような印象。可愛い子だったのに残念だったな」(26歳男性) メイクや服装だけでなく、職場の男性はデスクだけでなく引き出しや足元まで見ています。 リラックスする瞬間も必要ですが、周囲の目を意識して振る舞うことが大切です。

叱られたときの態度が気になったとき

「研修で知り合った同期が気になっていたが、同じ部署になったら、上司に指摘されるたびに不機嫌な態度をとったり言い返したり…。 素直じゃないと感じて、恋心も消えた」(23歳男性) 同僚たちは仕事中の態度もよく見ています。 自分の意見や信念を持つことはよいことですが、叱られたときに反抗するのは避けるべきです。

態度の変化に違和感を覚えたとき

「新入社員の男性に厳しく接する女性がいる。他の人には親切なのに、男性にだけ冷たいのは残念だ」(27歳男性) 嫌がらせはなくても、普段よりきつく振る舞うことに男性は違和感を覚えることがあります。 無意識に行動しているかもしれないので、自分の振る舞いに注意しましょう。

常に監視されているかもしれない

恋愛を考えているわけでもなくても、円滑な業務遂行のためには人間関係の構築が重要です。 自分の振る舞いを振り返ってみましょう。 (愛カツ編集部)