https://news.delta.com/delta-becomes-official-airline-for-yuri-yoshida-JP

デルタ航空はこのほど、プロゴルファーの吉田優利選手とオフィシャル・エアライン契約を締結しました。この契約に基づき、デルタ航空は今年米女子ツアーの出場権を獲得した吉田選手の移動をサポートします。また吉田選手は、デルタ航空のブランド・アンバサダーとして、背中にデルタ航空のロゴが入ったウエアを着用し、同社のキャンペーンや販促活動に参加します。

デルタ航空の日本地区社長である大隅ヴィクターは次のように述べています。「デルタ航空では、日本と米国を繋ぐという重要な役割を果たしている日本人アスリートを応援しています。今回の契約を機に、米女子ツアーに挑戦する吉田選手に幅広い路線ネットワークとプレミアムな空の旅を提供することで、米国でも存分に実力を発揮できるよう応援したいと思います。」

吉田優利選手は次のように述べています。「この度デルタ航空にオフィシャル・エアラインとしてサポートいただく事となり、大変嬉しく思います!アメリカツアーが主戦場になる上で心強いパートナーと共に戦えることを光栄に感じると共に、とてもワクワクしています!今年はデルタ航空のサポートのもと、アメリカでも結果が残せるよう、頑張ります! 」

デルタ航空では、プロスケートボーダーの堀米雄斗選手、プロサーファーの五十嵐カノア選手、全米プロシニアツアーに参戦予定のプロゴルファーの藤田寛之選手と宮本勝昌選手のオフィシャルエアラインを務めています。

また米国では、プロゴルファーのネリー・コルダ選手、ミッシェル・ウィー・ウェスト選手、ローズ・チャン選手、トニー・フィナウ選手、パトリック・カントレイ選手とスポンサー契約を締結しています。

吉田優利選手について

吉田選手は、10歳でゴルフを始め、千葉・麗澤高1年時の2016年にナショナルチーム入りして同学年の古江彩佳、西村優菜、安田祐香らとともに活躍。18年の米ツアー「ISPS HANDA オーストラリア女子オープン」でローアマを獲得。同年は「日本女子アマ」「日本ジュニア」を制してアマ2冠を達成。19年はただ1人のアマチュアとして出場した国内メジャー「ワールドレディスサロンパスカップ」で最終日最終組を経験。海外メジャー「全米女子オープン」にも予選会を経て出場。19年のプロテストに合格し、21年7月「楽天スーパーレディース」でツアー初優勝。同9月「ゴルフ5レディス」で2勝目。23年「ワールドレディスサロンパスカップ」で3勝目を挙げ、国内メジャー初制覇を果たした。昨年12月の最終予選会で米ツアーの出場権を獲得。これからの活躍が期待されるゴルファーの一人。

配信元企業:デルタ航空会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ