コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、IoT文具「しゅくだいやる気ペン」の累計販売数5万台突破を記念して、新学期の小学生を応援する「やる気ブースターボックス」を応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」にて限定販売いたします。(期間:2024年4月2日6月2日

2019年の発売以来、「しゅくだいやる気ペン」は家庭学習における「親子のコミュニケーション」に着目し、「書く⇔褒める」の好循環を回すことで子どもの「やる気」を育むサービスとして多方面から評価をいただいてきました。実際に日々のお悩みを伺う中で、学びの入口に立った小学生親子をコクヨが全力で応援するプロジェクトを立ち上げました。累計販売数5万台を突破したIoT文具「しゅくだいやる気ペン」や見守りIoTハローファミリー「はろもに」をはじめ、コクヨ社員が厳選した文具セット、親子体験型イベントへの参加チケット等、文具メーカーならではのアイデアがぎっしり詰まった「やる気ブースターボックス」が誕生しました。

今後も、子どもたちが学ぶ喜びを感じ、親子一緒にワクワクできるような体験・サービスを提供してまいります。

1.Makuake「やる気ブースターボックス」プロジェクト概要

プロジェクト実行者:KOKUYO やる気応援プロジェクト

実施期間:2024年4月2日(火)~ 6月2日(日)

リターン:やる気ブースターボックス(税込価格 27,000円)他 ※早期購入者限定で特別価格あり

やる気ブースターボックスの内容:

1 IoT文具「しゅくだいやる気ペン」

2 見守りIoTハローファミリー「はろもに」

3 コクヨ社員厳選 文具セット

4 体験型イベント「やる気フェス」参加チケット(コクヨ東京品川オフィス・6月末予定)

2.「しゅくだいやる気ペン」について

子どもの日々の努力を「見える化」することで、学習への意欲を高めるために開発された商品です。センサー付きアタッチメントを鉛筆に取り付け、勉強への取り組みに応じて溜まった「やる気パワー」をスマホアプリに取り込んで見える化します。子どもが楽しみながら学習習慣を身につける仕掛けが満載です。累計販売数5万台を突破しました。

3.ハローファミリー「はろもに」について

マイク・カメラ付きで子どもが簡単に親のスマホへ音声メッセージを送信できるモニターです。このIoTデバイスから送られてきた音声メッセージやその時の表情を、スマホアプリ「ハロファミアプリ」で確認することができ、家族はお互いの“いま”を簡単に楽しみながら共有することができます。留守番中にしっかりこなした宿題を、その場にいなくてもほめてあげることなどができます。

4.「文房具総選挙2024」でWノミネート!

雑誌・ウェブメディアのGetNaviが主催する文房具のアワードイベント「文房具総選挙2024」にて、しゅくだいやる気ペンが「キッズの勉強がはかどるプチロングセラー文房具部門」に、はろもにが「キッズの勉強がはかどる環境をつくる文房具」にノミネートされました。

※本記載の情報は発表日現在の情報です。予告なく変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください。

【お問い合わせ先】コクヨお客様相談室

https://www.kokuyo.co.jp/support/

配信元企業:コクヨ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ