義実家で料理…

「夫の実家に帰ったときに、義母と料理をすることに。 夫にいつも料理を作ると義母の味のことを言っていたので、話題が出たことを伝えました。 すると『そんなに美味しかったかしら』と拡大して解釈していて、苦笑いしてしまいました。」(35歳女性) このように、発言に「おやっ」と疑問を感じることもありますよね。 日々のささいな行いが、思わず「この人とは深入りしたくない」と感じさせてしまうことがあるかもしれません。 意識していなくても、無心で行った態度や発言が「ちょっと無理かも…」と思われる原因になることがあります。 この度はそういう行動を持つ女性の特徴を探っていきます。

思いやりが足りない姿勢

自分本位な振る舞いや、自分が一番に扱われないと不機嫌になる、愛想がなく接する等の振る舞いは、友人や恋人から「面倒臭い人」とみなされることも。絶えず相手に気を使わせ、疲弊させる結果になりかねません。 いつも自分に対して期待し過ぎていないか、行動を見直してみるべきかもしれません。

相手を傷つける言葉

相手を傷つける言葉遣いは、なるべく慎むべきです。言葉の影響を軽視せず、周囲はそんなあなたを「思いやりが欠けている」と感じるかもしれません。 冗談のつもりでも、対象を不快にさせてしまえば、相手に避けられる可能性が高まります。

常にぶすっとしてる

いつも機嫌が悪いかのように見え、文句ばかり言っている女性は、異性からの好感度が低いです。 デートの時にいつ怒り始めるかわからないと、相手は安心して過ごせません。 他人に対する不満が多い方は、そんな自分に気づいているかも確認してみると良いでしょう。

自分で決められない

適度に甘えることは男性も嫌ではないですが、何事も自分で決められず依頼してくると「使われてる?」と感じることも。自ら行動を起こさず他人任せにすることで「責任感がない」と見なされてしまうかもしれません。 「甘え上手はモテる」とは言いますが、甘え方には気をつけた方が良さそうです。

自分の言動を見つめ直そう

ふとした瞬間に発する言葉や行動が、他人にとって遠ざける理由になり得ます。 身近な人に自分の様子がどう映っているか、意識してみることが大切かもしれません。 (愛カツ編集部)