昨月に急逝された『ちびまる子ちゃんまる子役で知られる声優のTARAKOさんが、4月13日(土)23時よりテレビ東京系にて放送された新作アニメ『怪獣8号』の初回エピソードにキャストとして参加していたことがわかった。

【参照元】TVアニメ『怪獣8号』公式Xにて公表されたコメント

TARAKOさんは第1話「怪獣になった男」にて「謎の幼獣役」を務めており、TARAKOさんの名が本編終了後のスタッフロールに映し出されると、Xでは「まさか新作で声を聞けるとは思ってもいなかった」「新しい声を聞けたのがとても嬉しかった」といった、驚きと感激の声が相次いだ。

放送終了後、23時40分頃には『怪獣8号』のアニメ公式がXを更新。「アニメ『怪獣8号』で「謎の幼獣」役を演じられましたTARAKOさまのご逝去に、謹んでお悔やみを申し上げます。物語の起点となる最も謎めいた役柄を、唯一無二の存在感で演じていただきました。心より感謝の意を表しますと共に、深くご冥福をお祈りいたします。」とコメントを寄せていた。

TARAKOさんが演じた「謎の幼獣」は本編中の終盤に登場。短い出演ではあったものの、持ち前の魅力を最大限引き立てた演技になっているので、ぜひチェックしてほしい。TVアニメ『怪獣8号』は4月13日(土)より毎週土曜日23時〜テレビ東京系列にて放送されているほか、前出の公式Xでは全世界に向けて地上波同時配信も実施している。

©防衛隊第3部隊 ©松本直也/集英社

故・TARAKOさんが“謎の幼獣役”で新作アニメ『怪獣8号』に出演「まさか声を聞けるとは…」ファンから感激の声