大賞には韓国Ki aの「EV9」が輝いた! 韓国勢の勢いを見せつけられたワールド・カー・オブ・ザ・イヤーの結果

この記事をまとめると

■2024年3月27日にワールド・カー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)が発表された

■2024年度はヒョンデグループが5部門中2部門を制覇し、さらに大賞も受賞して3冠を達成

■日本車はトヨタ・プリウスがワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーに入賞した

2台の韓国車がWCOTYのショーレースを席巻

 現地時間の2024年3月27日、アメリカのニューヨークで開催されていたニューヨーク国際オートショー2024の会場で、ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)、ならびに各部門賞の発表が行われた。

 ワールド・カー・アワード(WCA)によってオーガナイズされるこの賞は、世界29か国の100名を超える自動車ジャーナリストによって選定されるもので、エントリー資格のあるモデルは、年間1万台以上の生産と2023年1月1日から2024年3月30日までの間に、世界の少なくともふたつの市場(アメリカ、ヨーロッパ、中国、日本、韓国、インド、中南米)で販売されていることが条件になる。また、その販売価格にも上限が設けられているのも大きな特徴だ。

 その結果、今年エントリーされたモデルは38台。3月に開催されたジュネーブショーでは、WCOTYのファイナリストがすでに発表されており、そこにはBYDのシール、KiaのEV6、そしてボルボのEX30が選出されていた。

2024年度のワールド・カー・オブ・ザ・イヤーは韓国Ki aがトヨタを撃破

 ここから1台のWCOTYがニューヨークで誕生したわけだが、その前にまずは各部門賞の結果から報告しておこう。

 ワールド・ラグジュアリー・カーの栄光を手にしたのは、BMWの5シリーズ/i5だ。BMW自身、「3シリーズよりも存在感がありエレガントで、7シリーズよりもダイナミックでスポーティ」と称する新型5シリーズ。

2024年度のワールド・カー・オブ・ザ・イヤーは韓国Ki aがトヨタを撃破

 先代よりもホイールベースを延長し、さらに快適性を高めたことや、最新のiDrive 8.5オペレーションシステムの搭載、さらには動物由来の素材を廃したビーガン・インテリアの採用など、さまざまな方向性からその評価は高く、昨年5月にはBEVのi5を追加するなど、先進性や環境への対応も審査委員からは高評価を得たようだ。

 ちなみにこの部門のトップ3には、ほかにメルセデス・ベンツEクラス、そして同じくメルセデス・ベンツのEQE SUVがあげられていた。

 ワールド・パフォーマンス・カーを受賞したのは、韓国のヒョンデスポーツブランドとして位置づける「N」モデルの最新作、「アイオニック5N」だ。大型のフロントスポイラーやエアフラップ、リヤのスポイラーやディフューザーなどで、このモデルのキャラクターは誰もが一瞬でそれを理解できるところ。

2024年度のワールド・カー・オブ・ザ・イヤーは韓国Ki aがトヨタを撃破

 車高はスタンダードなアイオニック5と比較して20mmローダウンされているが、これはもちろん専用のスポーツサスペンションを装備するからにほかならない。同様に80mm長くなった全長、50mmワイドになった全幅によるエクステリアの迫力はまさに満点。

 ちなみにこのアイオニック5Nのパワーユニットは、前後アクスルに各々搭載される2基のエレクトリックモーターで、最高出力はトータルで641馬力。0-100km/h加速はじつに3.4秒。最高速は260km/hと発表されている。BMWのM2、そして同じくBMWのXMを抑えての受賞だ。

日本車はプリウスのみの入賞だった

 いま、我々が一番注目しているともいえるワールド・エレクトリック・カーを受賞したのは、ヒョンデ傘下のキアが昨年3月に発売したEV9。こちらはBMW i5、ボルボEX30というベスト3のなかから見事にベストカーの評価を勝ち取った。

2024年度のワールド・カー・オブ・ザ・イヤーは韓国Ki aがトヨタを撃破

 キアにとっては初となるEV専用のプラットフォームを採用し、その端正なボディスタイルとともに新しさを強調。ホイールベースで3100mmという大柄なボディサイズは、SUVとしての機能性を大幅に高めてくれるはずだ。ちなみにキャビンは3列シート。6人乗りと7人乗りの両バージョンが用意され、セカンドシートとサードシートを折りたたむと、ラゲッジスペースは2318リットルにも拡大することができる。

 EV9にはシングルモーター仕様とデュアルモーター仕様があるが、4WDとなる後者では最高出力は384馬力、最大航続距離は505kmを可能にするという。

 東京のような街なかで、もっとも扱いやすいだけでなく、現代の最先端を行く技術を持つモデルはどれか。選考委員が投票した結果、BYDドルフィンレクサスLBXといったライバルを3ベストのなかで抑え、見事にワールド・アーバン・カーを受賞したのが、ボルボEX30だった。

2024年度のワールド・カー・オブ・ザ・イヤーは韓国Ki aがトヨタを撃破

 BEVとしての性能はもちろんのこと、わずか4250mmの全長で機能的なパッケージングを実現したことなど、コンパクトなハッチバック車としてライバルを大きく超える魅力を、審査員は高く評価したのだろう。

 残る部門賞はワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー。

 これはあらかじめデザインの有識者による審査を経て候補を選定。そのなかから審査委員が順位を投票するシステムで決定される賞だ。ベスト3に残ったのは、フェラーリ・プロサングエ、フォード・ブロンコ、トヨタ・プリウスの3車。結果はプリウスが選出され、今年のWCOTYでは唯一の日本車での部門賞受賞となった。

2024年度のワールド・カー・オブ・ザ・イヤーは韓国Ki aがトヨタを撃破

 さて、最後はこれらの部門賞のなかから選出される、長い賞レースの勝者ともいえるWCOTYの結果を紹介して、このリポートを終えることにしよう。

 ベスト3に残ったのは、BYDシール、Kia EV9、そしてボルボEX30の3車。そして、最終的にWCOTYの栄誉を手にしたのは、ボルボEX30をわずか5ポイント差で振り切ったKia EV9だ。

2024年度のワールド・カー・オブ・ザ・イヤーは韓国Ki aがトヨタを撃破

 EV9は、ワールド・エレクトリック・カーとのダブル受賞であり、またワールド・パフォーマンス・カーを受賞したアイオニック5Nを含めれば、ヒョンデグループは2024年のワールド・カー・オブ・ザ・イヤーを筆頭に3冠を達成したことになる。

 はたしてこの韓国ブランド、そしてこちらも成長が著しい中国ブランドの勢いはこれからも続くのか。これもまた興味の尽きないところである。

添付ファイルが見つかりません

2024年度のワールド・カー・オブ・ザ・イヤーは韓国Ki aがトヨタを撃破

2024 EV9